シャトーブラネールデュクリュ 1986 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し Chateau Branaire Ducru 1986 AOC Saint Julien 赤 ワイン お買い得,セール

Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ ロバート・パーカー氏に「最もスタイリッシュで複雑な、特筆に値するほどおいしいワインの1つだ」と絶賛させた。メドック格付け第4級、シャトー・ブラネール・デュクリュが追及するサン・ジュリアンスタイルワイン。 サン・ジュリアンのライジングスター【ブラネール・デュクリュ】格付け4級シャトーですが、常にそれ以上という評価を受けている実力のあるシャトーです。 サン・ジュリアンのワインとしては個性的な、スパイシーな風味を持ち、一部に熱狂的に支持されているワインです。元々高い品質のワインを造るシャトーでしたが、特に1990年代半ば以降は一貫して高品質なワインを造り続けています。  彼らの基本方針は新鮮味、力強さ、エレガンスを与えるカベルネ・ソーヴィニョンを主体とした果実の持ち味を正確に表現しながら、サン・ジュリアン・ワインの精神を汲むスタイルのワインを造り上げることです。  畑は【ベイシュヴェル】や【デュクリュ・ボーカイユ】より内陸にあります。そのため、ベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユよりボディーの力強さが勝り、ややスパイシーな魅力 を備えています。その濃厚な果実とエキゾチックなアロマ、チョコレートなどの風味がブラネール・デュクリュの持ち味 となっています。   日本での知名度はまだまだ低いですがサンジュリアンとしての典型的な良さを備える シャトーです。1988年より新オーナーの【パトリック・マトロー】の運営のもと醸造所は近代化を進めワインの品質が安定し、1990年代以降急速に評価を高めています。 若いうちはやや暴れ気味なタンニンが、熟成すると魅惑的な柔らかくシルキーな存在になります。キイチゴやカシスなどの黒系果実の香りに、スミレの香りに樽香が溶け込み、様々なスパイスの風味が果実味を引き立てます。複雑で熟成度が高く、偉大なフィネスを感じます。上品で穏やかなタンニンと安定した酸、そして深い余韻が見事なバランス。更に数年熟成させても美味しく飲んでいただけるワインです。 ドングリアーノ ワイン オススメの1本! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・メドック格付け第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【シャトー ブラネール】 【メドック 格付】 【シャトー ブラネール デュクリュ】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口  】【サンジュリアン 赤 辛口】【サンジュリアン格付 】【サンジュリアン 格付】 【メドック 格付 第4級】 【格付四級 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ Chateau Branaire Ducru AOC Saint-Julien Grand Cru Classe シャトー・ブラネール・デュクリュ AOCサン・ジュリアン メドック格付第4級エレガントで繊細な味わいに定評があるシャトー。メドック格付け『第4級」格付ですが、評価は『第2級』並み!! 第3級のラグランジュとお買得グランヴァン王の地位を争うブラネール・デュク リュ。オーナーのパトリック・マロトー氏は、ユニオン・デ・グランクリユ・ ド・ボルドー(132シャトー加盟の協会)の会長をここ数年務めていた、ボルドー ・グランクリュの大重鎮でもあります。  サン・ジュリアン村のワインは、繊細なタンニンと果実味のバランスが特徴的で すが、このシャトーの畑は内陸に位置するため、隣接するベイシュヴェルやデュ クリュ・ボーカイユと比べても、よりボディの力強いワインに仕上がっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  私は常々、ブラネールはなぜか低く評価され、ボルドーの熱狂的な支持者たちが自分のお気に入りのワインを論議する際にも、その存在は忘れられてきた、と感じている。サン=ジュリアンを旅行で通る人々ならおそらく、メドックのワイン街道をはさんでベイシュヴェルのすぐ反対にある、くすんだベージュ色の建物に気づいたであろう。最近いくつかのヴィンテージ、とりわけ1975年、1976年、1982年1989年のものは、すばらしい香りと深み、豊かな味わいのあるワインであり、サン=ジュリアンの最高級ワインと同様によいものであった。しかしながら、このブドウ園の成果にはばらつきがある。1980年代と1990年代には個性の曖昧な平凡な一連のワインが生産されている。それは、極端に豊富な収穫量と、厳しさを欠く選別の結果を反映しているのだろうか? 新しいセラーの建設と、新しいワインづくりのチーム、またセカンド・ラベルの登場はブラネールを再び正しい路線に戻すために必要な措置であったようだ。それは1994年と1995年の目覚しい成果となって現れている。  ブラネールのブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのように、分割されてサン=ジュリアンの村に散らばっている。そして、ブラネールのワインにははっきりとした個性がある。サン=ジュリアンにしては格別にスパイシーであり、エキゾチックなほどのオークとヴァニリンのアロマがある。味わってみると、このワインにはしばしば、ブラインド・テイスティングでも比較的簡単に識別できるような、際立ったチョコレートの成分が感じられる。この独自の特色はことに1975年、1976年、1982年、1989年の優れたヴィンテージで顕著である。 平均年間生産量:15.000ケース 畑 面積:50ha 平均樹齢:30年 密植度:10000本/ha 平均産出量(過去5年間):47hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、除梗。発酵は3週間。 産出量の3分の1は新しいオーク樽の中でマロラクティック発酵させ、残りはタンクに入れられる。 マロラクティック発酵の後、すべてオーク樽の中で18~24ヶ月熟成。新樽の比率は50%。 瓶詰めの前に卵白で清澄処理されるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3% シャトーブラネールデュクリュ 1986 AOCサンジュリアン メドック格付4級 シャトー蔵出し Chateau Branaire Ducru 1986 AOC Saint Julien 赤 ワイン お買い得,セール

シャトーオーブリオン 2001 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 2001 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 最新作,新作

Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオンメドック格付け第一級!五大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオン。そして五大シャトーの中でも最もエレガントで他にない複雑なアロマで世界のワインファンを魅了するワインです。  五大シャトーの中で唯一グラーヴ地区から選ばれた【シャトー・オー・ブリオン】。ボディは厚く、タイトで、ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。またメルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。  500年以上も続くオー・ブリオンの歴史のその最初の記録は、 イングランド王【チャールズ2世】のワインセラーの元帳で見つかり、1660年から1661年の間に、169本のオー・ブリオンが王の宮廷に収められていました。1935年にアメリカの有名な財界人【クラレンス・ディロン氏】が買い取り、現在は、そのディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国【ロベール皇太子殿下】が受け継いでいます。  ブドウの平均年齢は35年、最も古い区画では1930年代、1ヘクタールにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。  収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱い、チームが個々のブドウを熟知できるようにしています。オークの新樽100%(専用の樽作製場を所持している)で、ヴィンテージの持久力と力強さに応じて22〜26ヵ月間寝かせます。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造り。  味わいの面では、年々様々な変遷を遂げてきました。1950年代から1960年代はじめにかけては現在と似たとびきりリッチで、土っぽく、甘いスタイル。1966年から1974年の間には、より軽く、穏やかな、いくらか単純なスタイルの赤ワインに変わってしまい、少し低迷を見せていましたが、1975年のヴィンテージからは、1966年以前に備わっていた土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻し、まぎれもなく一級シャトーにふさわしいワインを現在まで造り続けています。  香りの面では、「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」 、と言われるほど香り高いワインとして有名です。特徴はスモーキーで、ミネラル、葉巻や甘いカシスを感じる香り。 「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 (『ボルドー第4版』より)とロバート・パーカーも賞賛しています。  赤いベリーやブラックベリー、スモーキーなアロマ。カシスジャムのような濃縮感。トースト、ミネラル、鉛筆の芯、甘草、スパイス、ミルクチョコレートなど様々なニュアンスが感じられ複雑な印象。酸は控えめながら果実味のエキス分、グリセリンのレベル全ての要素において偉大で並はずれた品質を誇ります。味わい深い魅惑的なワインです。その豊潤で官能的な味わいにしばし酔いしれることでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / グラーヴ地区 ※赤ワイン:メドック地区・格付け第一級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グレーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【オーブリオン】 【オー・ブリオン】 【オー・ブリヨン】 【オーブリヨン】 【オー ブリヨン】 【シャトー オー ブリオン】 【グラーヴ 格付】 【ロバート パーカー】 【ル クラスマン】 【シャトー オーブリオン】 【オー・ブリオン】【オー・ブリヨン】【オーブリオン】【クリュ クラッセ グラーヴ】【シャトー オー ブリオン】【ボルドー グラーヴ】【AOC Pessac- Leognan】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーオーブリオン 2001 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 2001 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 最新作,新作

シャトーオーカルル 2000 Chateau Haut Carles 2000 赤 ワイン HOT,人気

オー・カルルはフロンサックでもっとも歴史ある造り手の一つ、【シャトー・ド・カルル Chateau de Carles】の特級ワイン、上級キュヴェに相当します(同シャトーが所有する全20haのうち8haを占める)。オーカルルの畑はカルルの畑内に存在しますが、あっちこっちいい畑だけをオーカルルに使用。その面積は年々増やしています。新樽比率は80%。 シャトー・ド・カルルが94年から生産しているスペシャルキュヴェです。 パリ在住のブルゴーニュ・ワインのエキスパートでありドメーヌの質の高さ、無名で優良なドメーヌを探し出す能力において、アメリカで最も良心的かつ有能なワイン輸入商として、ロバート・パーカーが高く評価する 【ピーター・ヴェザン】 と世界的に有名なパリ7区のヴェトナム料理屋【タン・ディーン Tan Dinh】 が企画し、元祖フライング ワインメーカーの超有名な【ミッシェル・ローラン Michelle Rolland】 のコンサルタントによって誕生しました。 ラズベリーなどの赤いベリー系の香りが優しく香り、加えてエスプレッソや香ばしいココアが入り混じる。エレガンスや知的な印象を強く感じさせる。 ミッシェル・ローランをコンサルタントとして起用し、本国のレストラン用に、厳選した樽による素晴らしいワインを仕上げました!生産量は年間約800ケース、うち日本には200ケースほど。通常のボルドーワインとは異なり、蔵出しのみ出荷されているため、非常に入手困難なワインです。新樽100%で18ヶ月熟成し、ノンフィルターで瓶詰めされています。 15~20年の長期熟成も十分に期待できるワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、フロンサック (FRONSAC)●ブドウ品種メルロー90%、カベルネフラン・マルベック10%以内 ※ヴィンテージにより多少の変更あり●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。  【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut Carles シャトー・オーカルル オー・カルルは「神の雫」の9巻と12巻、2度に渡って取り上げられた大人気商品!!手の届きにくい高級ブルゴーニュや使徒等を除いて、複数回登場しているワインはほとんどなく、凄さがわかります。 ボルドーの数ある産地の中でも比較的地味な産地ではないでしょうか?それは偉大な造り手の"全体の数"が少ない為です。それゆえワインの伝説や逸話がほとんどない。 しかし、少ないながらもキラッと輝くワインを造り出すシャトーが存在しています。【シャトー・オー・カルル】もその中の一つです。もし、オー・カルルがメドックにあるとするならば、第1級や2級ではないにしても少なくとも格付け第3~5級の名誉ある評価を確実に得ていたはずです。 フロンサックの特徴は、深みのある肉厚な赤、熟成させるとポムロールを思わせる豪華なトリュフのアロマが生まれる産地です。ボルドーの中でもブランド力が劣る産地ではありますが、「高品質で安価」な、とてもお財布にうれしいワインと出会える地区となっているのではないでしょうか。 このオー・カルルはフロンサックでもっとも歴史ある造り手の一つ、シャトー・ド・カルルの特級ワイン、上級キュヴェに相当しています(同シャトーが所有する全20haのうち8haを占める)。それほど上級の畑と特別に手間のかかる醸造法にて造り出されるワインなのです。ワインは濃密で、気品ある樽香を備えており、このアぺラシオンでは非常に珍しい繊細なタンニンを持った傑出品です。 メルロ95%と少数派の造りで、ワインファンを魅了するような個性に溢れています。 シャトーオーカルル 2000 Chateau Haut Carles 2000 赤 ワイン HOT,人気

シャトーディケム 1996 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1996 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 極甘口 貴腐ワイン セール,新品

Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム)世界の貴腐ワインの頂点に君臨する『シャトー・ディケム』が極小量入荷!ロバート・パーカー氏は「費やされた努力、リスク、厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級ワインのひとつである。」と賞賛! ソーテルヌの格付けにおいても唯一【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】にランクされています。  世界3大貴腐ワインと呼ばれるのは、フランスの【ソーテルヌ】、ドイツの【トロッケン・ベーレンアウスレーゼ】、ハンガリーの【トカイ・エッセンシア】の3つです。その中でも、フランス・ボルドー地方・ソーテルヌのワインには格付けがあり、その筆頭に君臨しているのがこの【イケム】です。その絶対評価は万人が認めるもので、異を唱える者がいない絶対的存在になっています。  唯一特別第1級【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】に選出されイケムと比較しうる白ワインはブルゴーニュの雄「モンラッシェ」ぐらいとも言われるほどです。 ブドウの樹一本からグラス一杯のワインしか造られない、品質が自己の定める水準に満たない年には容赦なく生産しない清廉さ、黄金色に輝くこの雫は、本当に【飲む黄金】 そのものです。  ディケムの素晴らしさは他に類を見ないミクロクリマを有するテロワールももちろんですが、シャトーを運営する人々の妥協を許さぬ厳しさ、まさに「ディケムにふさわしいディケム」 だけを造りだそうとする情熱と弛まぬ努力が大きいのではないでしょうか。シャトーでは通常6~8週間かけて150人もの摘み手が最低でも4回の時期に分けて完全に熟したブドウのみを収穫、そうして厳しく選別されたブドウから造られたワインでも、樽熟成の段階でディケムとして世に出すにふさわしくないと判断されたものは生産量を減らしてでも容赦なく切り落とすのです。 このワインはその長命さでも愛好家を驚かせてきました。ロバート・パーカーによると飲み頃は収穫後10~100年も続く とされ、その熟成ポテンシャルは計り知れないものがあります。また、辛口のディケム「Y(イグレック)」も愛好家垂涎の品となっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 / 特別第1級●ブドウ品種セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%●タイプ白・フルボディ・極甘口(貴腐ワイン)●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ソーテルヌ 極甘口】【フランスボルドー 甘口】【ソーテルヌ】 【ソーテルン 】 【フランス 】【ボルドー 甘口 】【貴腐ワイン 】【ソーテルヌ】 【ソーテルン】 【極甘口 ソーテルヌ】 【イケム】【でぃけむ】【ディケム】 【イケム】 【デザートワイン】 【アペリティフ】【ディジェスティフ】【シャトー イケム】【シャトー ディケム】【ソーテルヌ 格付第1級】【特別第1級】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) 世界最高峰の甘口白ワインで全世界が賞賛!独自の地位を保つ唯一のシャトー!神々しい甘美な風味と長い熟成によって生まれる限りない深みは並ぶものがありません!世界の貴腐ワインの頂点に君臨する「シャトー・ディケム」。もちろんソーテルヌの格付けにおいても、ただひとつだけプルミエ・クリュ・シュペリュールにランクされています。 中世には国王の所有物  歴史は古く、中世にはイギリス国王が所有。その後、フランスとイギリス間で100年戦争が起こった結果、1453年、フランス国王のシャルル7世のものとなります。その後も、国有である時代が続き、1711年、代々シャトーの管理をしていたソヴァージュ家のレオン・ドゥ・ソヴァージュが、国から所有権を買い取りソヴァージュ家が単独のオーナーとなりました。  ソヴァージュ家はこの地方の名家で、1565年にシャルル9世がディケムのエステートを訪れた翌年、貴族に任命されます。彼らはディケムの土地にブドウを植樹し、また現在の城館を建てました。1785年、レオン・ドゥ・ソヴァージュの曾孫フランソワーズ・ジョセフィーヌ・ドゥ・ソヴァージュ・ディケムがルイ・アメデ・ドゥ・リュール・サリュース伯爵と結婚し、シャトーはリュール・サリュース家の所有となりました。  1787年に、後のアメリカ大統領のトーマス・ジェファーソンがディケムを30ケース購入し、1790年にジョセフィーヌに宛てた手紙の中でワインを絶賛しています。 1850年以降、ディケムは大人気になり、コンスタンティン大公が絶賛し1樽に2万フラン金貨を支払った事や、明治天皇も定期的に購入とのことです。 1999年までリュール・サリュース家が所有し、特にワイン造りに熱心なのは、ルイ・アマデとフランソワーズ・ジョセフィーヌの孫のロマン・ベルトランドと、その孫のベルトランドでした。ベルトランドは1968年まで在命で、その後はアレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュースに引き継がれます。1999年から、【ルイ・ヴィトン・モエ・エ・ヘネシー・グループ】がシャトーの筆頭株主となりました。  シャトーの総責任者のアレクサンドルが引退し、2004年5月からは【シャトー・シュヴァル・ブラン】の総責任者でもあるピエール・リュルトンが総責任者に任命され、現在に至っています。 ワイン造り  ボルドーからN113号線を通ってバルサックへ入り、そこを通り抜けてソーテルヌ村に向かうと、海抜約80mという小高い丘があり。小丘の中腹には1級シャトーが集まり、頂点の部分に建つ壮麗なシャトーが、ソーテルヌで唯一の“1級特別級”であるシャトー・ディケム(またはイケム)です。「115ha」の広大なブドウ畑は、浸透性の少ない粘土とガロンヌ川によって運ばれた砂利で構成された丘にあります。畑は、表土は、砂利が混じった薄い砂質層に覆われています。しかし畑が広大なため、表土に砂利が多いところ、砂利が無くほぼ砂質のところ、表土に下部の粘土が露出しているところなど、畑も場所によってその様相が変わってきます。 どの畑も、土壌の性質の違があり、ディケムではその違いがより明白です。このため、質や特徴がそれぞれ異なるブドウが収穫されて、ワインに複雑な味と香りになります。  また有名な話ですが、ディケムのブドウ畑には、19世紀という早い時期から排水パイプが敷かれており、現在ではその距離は約100kmにも及んでいます。ディケムの畑があるこの粘土の丘はもともと排水が悪く、ブドウの根の発育が悪いので、排水処理が必要なのです。通常、貴腐化はブドウ全体ではなく、部分部分で始まるので、ブドウは房ごとに収穫せず、貴腐化部分だけを切り取り、同じ房を何度も収穫します。しかし、完全に糖度が上がりきっていないブドウも混じってしまうことは避けられません。このため、全体としての糖度は下がります。シャトーではそれを嫌って、特に収穫時期に雨が降り、糖分が流された場合などに関し、完全に貴腐化している粒だけを収穫することもあります。これは非常に手間で、大変な作業です。潜在アルコール度数が20度に達した時点で収穫が開始されます。  ブドウは、収穫されてから1時間以内に醸造所へと運ばれ収穫した日にちで分けるため、絞った段階でセミヨンとソーヴィニヨン・ブランが混じることもあります。また、ディケムでは今まで一度も補糖をしたことがない”ということで、それがシャトーの誇りとなっているのです。果汁は地下タンクに移され、発酵が始まらないように温度を下げた状態で、一晩そのまま寝かされます。翌日、上澄みだけを新樽に入れ、室温を上げて、アルコール発酵を開始させます。アルコール発酵は2~6週間と、期間は幅広く、これは自然酵母のみで発酵を行っている為です。アルコール発酵が自然と終了したものと判断したものは、ステンレスタンクに移されてマイナス4℃で、再度発酵が始まらないようにして樽の中にまた戻されます。  唯一の“1級特別級”に格付けされているディケムは、こうしたこだわりによってその名声を維持してきたのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ地方の中心部に位置し、沢山の第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さな丘の頂きに雄大に広がる。1785年から1997年までの間、このシャトーは、まさに一族によって所有されていた。アレクサンドル・ド・リュル・サリュース伯爵は、この広大なシャトーの経営責任者である一族の最も新しいメンバーで、1968年に叔父から引き継いだ。1997年に、このシャトーは巨大なコングロマリット、モエ=ヘネシーに売却されたが、この売却はリュル・サリュース伯爵の異議により成立せず、現在も彼が管理人である。  イケムの偉大さとユニークさにはいくつかの要因がある。第一は独自の微気候を伴う完璧な立地条件がある。第二に、リュル・サリュース家は、97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムを設置。第三に、経済的な損失やトラブルを斟酌せずに、最も良質なワインだけを生産しようという狂信的とも言える執念が存在する。近隣の畑に比べこれほど優れている最大の理由は、この最後の要因にある。   ディケムでは、1本のブドウの木からたったグラス1杯のワインしか造らない。イケムに6週間から8週間滞在し、最低でも4回はブドウ畑をまわる150人もの摘み手のグループにより、ブドウが完璧に成熟するのを待って一粒一粒摘まれる。1964年は、摘み手達は、13回にも畑をまわったが、不向きと見なされるブドウを収穫しただけで、結局このヴィンテージは生産しなかった。ワイン醸造りをしているシャトーのなかで、収穫全体を自発的に格下のワインにまわすところ、あるいはそれが経済的に可能なところはほとんどない。  ディケムは信じられないような熟成の可能性を持っている。イケムのワインはあまりにリッチで、ふくよかで甘く、その多くはいつも10回目の誕生日を迎える前に飲まれてしまう。しかし、イケムが最高の飲み頃になるには15年から20年の年月が必要であり、偉大なヴィンテージは、50年あるいは75年以上以上経っても、新鮮で退廃的な芳醇さを備え続けている。私がかつて飲んだことのある最も偉大なイケムは1921年ものだった。驚くほど新鮮で生き生きとしており、その贅沢さと豊かさは決して忘れることはないだろう。  こうした品質への情熱は、何も畑に限ったことではない。ワインは新樽の中で3年以上かけて熟成され、全収穫量の20%が蒸発により失われる。リュル・サリュース伯爵が瓶詰めできると見なしたワインでも、最良の樽からだけ厳しく選別される。1975年、1976年、1980年といった秀逸な年には、樽の20%が排除された。1979年のような困難な年には、60%のワインがはずされた。1978年のような手に負えないヴィンテージでは、85%のワインがイケムとして売るのにふさわしくないと判断された。私の知る限り、これほど無情な選別過程をとり入れているシャトーはほかにない。ディケムでは、芳醇さが少しでも失われることを恐れて、決して濾過処理を行わない。  ディケムはまた「Y」と呼ばれる辛口のワインを造っている。これは特色のあるワインで、ディケムらしいブーケを持ち、樽香が強く、味は辛口で、通常は非常にフルボディで際立ってアルコール度数が高く、力強いワインで、私の舌には、フォアグラのようなコクのある食べ物と一緒に出されるのが最高である。ディケムは他の有名なボルドー・ワインと違って、プリムール、つまり先物で売られることはない。このワインは、通常はそのヴィンテージの4年後に、極めて高い価格で出荷されるが、費やされた労力、リスク、そして厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級価格ワインのひとつである。 一般的な評価 ディケムがボルドーに2つとない偉大なワインであることは、説得力のある真実だと主張できる。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:125ha(生産中の畑は103ha) 平均樹齢:30年 密植度:6500本 平均産出量:8hl/ha 育て方:発酵と42ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20% *注記:このシャトーはイグレック(YGREC)と呼ばれる辛口白ワインも生産している。  造られたヴィンテージは以下の通り:2000年、1996年、1994年、1988年、1985年、1980年、1979年、1978年、1977年、1973年、1972年、1971年、1969年、1968年、1966年、1965年、1964年、1962年、1960年、1959年。  ディケムが生産されなかったのは1992年、1974年、1972年、1964年、1952年、1951年、1930年、1915年、1910年。 シャトーディケム 1996 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1996 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 極甘口 貴腐ワイン セール,新品

シャトーマルゴー 2004 Chateau Margaux 2004 赤 ワイン 豊富な,100%新品

シャトー・マルゴー Chateau Margauxワイン界の頂点に君臨するボルドー1級シャトー。 五大シャトーの中でもエレガントで女性的と評される、シャトー・マルゴー! 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。支配人のポール・ポンタリエ氏はシャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」という表現をしています。女性らしいと形容される理由は、並外れたタンニンのしなやかさによります。  柔和で優しく香り高いのが特徴です。そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。その優美な味わいは、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・パリや、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を シャトーマルゴー 2004 Chateau Margaux 2004 赤 ワイン 豊富な,100%新品

シャトーサンピエール 2010 Chateau Saint Pierre 2010 赤 ワイン 全国無料,SALE

知る人ぞ知る格付けシャトー  サン・ジュリアンの格付けシャトーの中で最も知名度が低いと思われる“サン・ピエール”。サン・ジュリアンのワインとしては、骨太で力強い味わいを持っています。格付けシャトーとしてはお買い得なワインですが、近年は評価も急上昇し、今後は値上がり必至です。 味わはリッチで厚みのあるボディで、兄弟シャトーである“シャトーグロリア”にも通じる魅力ある1本です。 サン・ジュリアン有名ワインに隠れた、ハイコストパフォーマンスワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 商品説明 国ボルドー、メドック地区サン・ジュリアンブドウ品種赤・フルボディ内容量直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【シャトー・グロリヤ 】 【ドメーヌ マルタン 】 【シャトー・クロリヤ 】 【AOCサンジュリアン 】 【AOCサン・ジュリアン 】 【ジャン・ルイ・トリオー 】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【サン・ジュリアン 赤 辛口 】【シャトー サンピエール 】【シャトー サン ピエール 】【シャトー グロリア 】【パーカーポイント 90点 】【AOC サン ジュリアン 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】   Chateau Saint Pierre シャトー・サン・ピエール 年間生産量は極少量の5,000ケースのみの隠れた銘品! シャトー・サン・ピエールは、サン=ジュリアンで有名シャトーに隠れた銘品です。 サン=ピエールで生産されるワインの多くは、慣習的にベルギーの愛好家に販売されてきましたが、これは間違いなく以前の所有者カステレイン氏とカステレイン=ヴァン・デン・ビュッセ夫人がベルギー人だったからなのです。 1982年にはメドックの偉大な人物の1人であるアンリ・マルタンが購入した。  畑は、サン=ジュリアン=ベイシュヴェルの町並のすぐ裏手にあり、素晴らしい立地にあります。 車で通り過ぎると、樹齢の高い、こぶだらけの樹齢の古いブドウ樹の割合が高いことが見てとれます。 ワインのスタイルとしては、リッチで、ヴォリュームがありがっちりとした、フルボディになる傾向があります。 ヴィンテージによっては厚みのある、粗雑なものになることさえあります。常に深みのある色をしており、時には光を通さないほど濃いものになることもあるサン=ピエールは、大柄で、荒削りで、埃っぽい舌触りのワインです。 デュクリュ=ボーカイユーやレオヴィル・ラス・カーズといった多くのサン=ジュリアンに特徴的なフィネスや魅力には欠けるかもしれませんが、そうした欠点を補って余りあるほど明白な(人によっては下品という)力強さと筋肉が見られます。  1990年代後半にはコルクのせいで変質したボトルがあまりにも多かったが、これがセラーにかなり深刻な問題がある兆候でないとしたら、サン=ピエールのワインは、サン=ジュリアンのトップシャトーのものに比べて極めて過小評価されています。 華やかなスーパースターたちの影でもがき続けているのだが、通常は現実的な価格がついているのだから、このワインがまだ注目を集めていないという点を有効に利用した方がよいだろう。   シャトーサンピエール 2010 Chateau Saint Pierre 2010 赤 ワイン 全国無料,SALE

シャトーベイシュヴェル 1996 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 正規品,100%新品

Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル いつ飲んでも美味しい、期待を裏切らないシャトー!しっかりとした構造ながら、バランス取れたリッチな味わい!!メドックのヴェルサイユ」と呼ばれるボルドーで最も美しいシャトー。格付け2級に匹敵する、サンジュリアンの魅力を最大限に引き出した長期熟成にすることにより壮大なスケールとなる1本。 中世にこの河を行き来する船乗り達が、この地の領主だったフランス海軍提督に敬意を表すため、「ベッセ・ヴワール」(帆を下げろ)と、叫んでいたのがシャトー名の由来です。現在は【メドックの小さなヴェルサイユ】 と呼ばれるほど美しいシャトーとして知られています。 1855年の格付け当初は、フランス革命などの混乱から品質が低迷、四級に甘んじてしまいました。しかし現在、その品質はしばしばサン・ジュリアンのトップと肩を並べられるほどに回復し、【格付けニ級に匹敵する】 とも言われています。 ベイシュヴェルは2005年より、自然環境に配慮した栽培と醸造を目指している団体、【Terra Vitis(テラ・ヴィティス)】の適合証明書と、【AGRICULTURE RAISONNEE(減農薬農法)】としての資格を取得しています。 有機的な栽培方法にこだわり、環境にも身体にも優しいワインを製造しています。  そのような方法で造られるワインは、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴。カベルネの比率が高く、長期熟成型のどっしりとしたワインが多いメドックでは、ベイシュヴェルの存在は特殊なのかもしれません。理由としてはメルロの比率を高くし、早くから飲める親しみやすいスタイルを目指しているからです。ベイシュヴェルの、いつ飲んでも美味しいエレガントなスタイルは、有名レストラン・ホテル業界からも厚い信頼 を得ています! フランボワーズやチェリーを思わせる赤系果実、熟したカシスやブラックベリーのアロマにタバコや杉のニュアンス。熟したブラックカラントやプラムの芳醇な果実味が魅力的です。タンニンは熟成を経て柔和になり、ビロードのように滑らかな口当たりで、非常に滑らか。凝縮した果実味も魅力的です。きれいな酸とのバランスが絶妙。飲み疲れしない印象の仕上がりです。 熟成を経てもなお、ベイシュヴェルならではの気品に溢れた1本です。上品な味わいを是非この機会にお楽しみください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンジュリアン村・メドック格付第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% ●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン 格付】 【シャトー ヴェイシュヴィル】 【シャトー ベイシュヴィル】 【ヴェイシュヴェル】 【ベイシュベル】 【メドック サンジュリアン 格付】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル Chateau Beychevelle AOC Saint Julien シャトー・ベイシュヴェル メドック格付第4級 AOCサン・ジュリアン 格付は4級ながら、その品質と名声は2級に匹敵すると言われる!!ボルドーで最も美しい城としても有名なベイシュヴィルは別名「メドックの小さなヴェルサイユ」! エチケットの船の如く前進し続けるシャトー!サンジュリアンにある格付け4級のシャトー【シャトー・ベイシュヴェル】!  歴史  【シャトー・ベイシュヴェル】は、3世紀にわたって続いています。クラシックでエレガントなシャトーの建物は、メドックの中でも指折の美しいシャトーとして知られており 、シャトーの誕生以来、数々の有力な政治家や文化人を魅了してきました。アンリ三世の時代、ベイシュヴェルはエペルノン公爵の領地でした。海軍大将で、グイエンヌを統治していた【ジャン・ルイ・ノガレ・ド・ラ・ヴァレット】が所有していた時代、彼は大変な有力者であったため、シャトーの前を船が通るときには、忠誠を示すべく帆を下げていました。【ベイシュヴェル】という名前は「帆を下げる」という言葉に由来 します。  また、シャトーのマークには、船首にワインの神ディオニュソスを守るギリシャ神話のグリフォンを掲げた船が描かれている。シャトーは17世紀に建てられ、1757年にブラシエ侯爵により改築。19世紀の終わりにエン家により増築された後、近年になってその華麗な姿が修復されました。   このシャトーは、【メドックの小さなヴェルサイユ】 とさえ呼ばれるほど、非常に美しいシャトーが存在していることでも有名ですが、ラベルにはそれとは全く関係なく、ちょっと珍しい【帆を半分下げた船】が描かれています。これは、16世紀、この城はフランスの海軍提督のエペルノン公爵の城館だったため、ジロンド川を通る船乗りたちが、この城の前を通ると【ベッセ・ヴォワール!(帆を下げよ!】と叫び、提督への敬意を表したことが由来しています。シャトー名のベイシュヴェルも、この言葉が訛ったものだそうです。   ベイシュヴェルでは17世紀中頃からワイン造りが行われていました。ブラシエ侯爵所有の時代頭角を現しますが、2代目がフランス革命により追放されて一時名声にかげりが見えました。1855年の格付けの際には4級という低い評価に甘んじてしまいました。しかし、パリの銀行家アルマン・アイン氏の所有に移り急速に復興します。以前にも増して高い評価を得るまでに品質は回復しています。現在では、彼の孫が亡くなった後、所有権が保険会社GMFグループに移り、1989年GMFとサントリーの共同出資会社グラン・ミレジム・ド・フランス社の経営となりました。日本人のワイン愛好家の間でも馴染み深いシャトー となりました。有機的な農法を積極的に取り入れるなどして、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴的なワインを生み出してきています。  栽培と醸造  シャトー・ベイシュヴェルは所有面積250ha中、90haでブドウ栽培を行っています。メドックの中心地に位置し、深い礫層に覆われた土壌はベイシュヴェルから北に向かってラトゥールの畑まで続いている、カベルネ種の栽培に向いた土地です。平均樹齢は25年、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを栽培しています。減農薬法を行い、環境と人に配慮したブドウ栽培を実施、2005年には「Terra Vitis」の認証 を得ています。また、2002年にはHACCP(食品製造における安全管理の手法)も導入、環境や安全に配慮しながら、伝統的な製法でワイン造り が行われています。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーを訪れる観光客がシャトー・ベイシュヴェルを見逃すことはあり得ないだろう。なぜなら、ここは、サン=ジュリアン村を目指して北へ向かう県道2号線で最初にぶつかる主だったシャトーだからである。道路に面した花の美しい庭は、速度を上げて疾走するドライバーたちの足を止め、彼らのカメラの格好の被写体となるのである。  ベイシュヴェルのワインは必ずしも一貫しないのだが、素晴らしいものを生み出すことが出来そうだ。1960年代と1970年代は、ヴィンテージごとの品質が問題であった。また、1974年、1987年、1992年、1993年といったワインにとって凡庸な年には、ここのワインにも失望させられたし、偉大な年(1990年)に凡庸な出来だったこともある。最良の年であっても、ベイシュヴェルは目立ってなめらかであり、しなやかで、若いうちから飲むことができた。こうしたことが、潔癖な人や、伝統を重んじる人々に不必要な懸念を抱かせたと思われる。最近の優れたベイシュヴェルのヴィンテージは、10年の年月を経る前に十分に熟成しているのだが、15年かそれ以上熟成させることが必要不可欠のようである。しかしながら総じて、ここのワインは数十年も熟成させる必要はない。  1980年代の初め、所有者たちは、ベイシュヴェルの非常になめらかな味わいは、イギリス人たちが言うように「長生きしない」ことに気づき始めた。そこで1982年以来、よりしっかりした、より筋肉質のカベルネ・ソーヴィニョンを混ぜることや、余韻の長さを増す最も重要なキュヴェゾン期間、新しいオーク樽を増量して使うこと、またセカンド・ラベルのより軽いワインの導入など、次々と新しい方針を打ち出した。これらの技術はベイシュヴェルの品質を高め、1982年、1986年と1989年にこうした努力への評価を得た。1960年代と1970年代につくられた軽くて、しなやかで、エレガントで、早熟なスタイルのワインは、1982年以後、より堅実で、より濃厚なサン=ジュリアンへと移行したが、このワインの持つ目立ったスタイルや魅力、繊細さが損なわれることはなかった。  ベイシュヴェルはサン=ジュリアンの最も値段の高いワインの仲間ではなく、レオヴィル=ラス・カーズやデュクリュ=ボーカイユーよりはるかに安い値段で販売されている。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:90ha(このうちサン=ジュリアンのアペラシオンを名乗るのは78ha) 平均樹齢:25年  密植度:8300~1万本/ha  平均産出量(過去5年間):55hl/ha  育て方:ブドウは手摘みで、厳しく選別された後、完全に除梗。発酵は28~30℃に保たれた65hlの発酵槽(ステンレス鋼とセメント)で21~24日間。 プレス・ワインは別に保管される。12月のアサンブラージュの後、オーク樽に移される。新樽は55~60%で期間は16~18ヵ月。 瓶詰めの前に清澄処理がされるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% シャトーベイシュヴェル 1996 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1996 AOC Saint Julien 赤 ワイン 正規品,100%新品

レザルムドラグランジュ 1999 Les Arums de Lanrange 1999 白 ワイン 大得価,品質保証

サンジュリアン3級格付けのシャトー・ラグランジュが造る、希少な辛口白ワインです。 113haあるラグランジュの畑の中で、白ワイン用の畑はたったの4haのみという、少量生産です。 ソービニョン・ブラン、セミヨン、ミュスカデルから造られるこのワインは、ハーブの香りが個性的で、たっぷりな果実味を爽快な酸が締め、とてもバランスの良いワインに仕上げられています。 熟成により、その魅力はさらに開花するでしょう。 色は黄金色。ソービニョン・ブランからくる、ハーブや柑橘系の爽快な香りに、セミヨンの重厚なボリューム、そして樽からくるバニラ香が、10年もの熟成で蜜のような濃度を帯び、一体となって口の中に広がります。 ワインだけでもちろん美味しく飲めますが、ハーブを使ったグリルや、クリーム系のソースに合わせてみてはいかがでしょうか。 商品説明 国ボルドー、メドック地区サン・ジュリアンブドウ品種白・辛口内容量直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【アペリティフ 】 【フランス 白 辛口 】 【ボルドー 白 辛口 】 【LES ARUMS DE LAGRANGE 】 【Les Arums de Lagrange 】 【AOC サン ジュリアン 】 【レ ザルム ド ラグランジュ ブラン 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】  Chateau Lagrange シャトー・ラグランジュ パーカー4つ星生産者★★★★!メドック サン・ジュリアン格付第三級!サンジュリアン村を代表する、手摘み100%で丁寧に造られる格付シャトー! シャトーの格付けは最上級(グラン クリュ) シャトーラグランジュは、この公式格付けで、グランクリュに選ばれたわずか58シャトー中に数えられた名門中の名門です。 歴史は古く、17世紀初頭には、王室砲兵隊輜重隊長のジャン・ド・ヴィヴィアンの所有でした。 「1706~1724」年版のマッセのワイン地図にも、すでに"La Grange"の名で記されており、19世紀には、ルイ・フィリップ朝で商農大臣、大蔵大臣、内務大臣を歴任のデュシャテル伯爵が所有者になりその栄光の頂点となります。 伯爵は城館や醸造所を、ボルドーでも屈指の規模にし、葡萄園の土中に素焼きの土管を埋めて水はけをよくする等、画期的な栽培技術を開発、ワインの品質が向上します。 しかし、1925年にこのシャトーを引き継いだセンドーヤ家が、1929年の大恐慌と戦争で経済的に没落し、荒廃し、畑は周辺から切り売りされ、冬の時代がきます。 1983年 ― サントリー時代 ― 1983年12月15日、日本のサントリーが経営を引き継ぎました。欧米以外の企業によるフランス政府の認可がおりたのは、サントリーが初めてです。 しかし、当時のシャトーは、広大を誇った敷地も、最盛期の300haから157haとほぼ半減に近く、醸造設備は旧式、従業員はわずか13人で、城館も荒れていました。 この現状に、サントリーここの畑の土壌が本来そなえている実力を、再び最大限に引き出すために、全てを改善し可能な限り早く行うことでした。 そして、ボルドー大学でワイン醸造研究所長を務めていた『現代ボルドーワインの父』醸造学者エミール・ペイノー博士に協力を要請。  こうして新生ラグランジュの総責任者には、ペイノー氏の門下の高足マルセル・デュカスが就任し、サントリーからは同じくペイノー門下の鈴田健二が参加、畑から醸造、貯蔵、そしてシャトーのシンボルの城館や庭園にいたるまで、徹底的な改造計画が始まりました。 土壌  先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、ラグランジュの最も優秀な部分は残っていました。 多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。 そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標でした。 ぶどう畑  1983年の時点で、原産地呼称証明のついた畑は113ha、しかし、現実にブドウが植えられていたのは、わずか56haのみでした。 しかも品種の割合はメルロ種が約半分という、メドックのグランクリュとしては例外ともいえる植え付けでした。 このため、従来の畑では剪定を極端なまでに強めに行って、樹1本あたりの収穫量をおさえ、品質を向上させ、'85年から新しく植え付けた畑では、全て少量生産・高品質系の台木およびクローンを選び、かつカベルネ・ソーヴィニヨン種の比率を高め、ボルドー伝統的品種であるプティ・ヴェルドの植え付けも進めました。 醸造  従来の醸造設備は廃棄し、最新式の温度コントロール装置をそなえたジャケット式ステンレス製発酵 レザルムドラグランジュ 1999 Les Arums de Lanrange 1999 白 ワイン 大得価,品質保証

シャトーランシュムーサ ムサス ポイヤックメドックグランクリュクラッセ格付第5級 2001 Chateau Lynch Moussas 2001 赤 ワイン 爆買い,大得価

1969年にカステジャ家に買収されて以来、実力を上げているポイヤック格付第5級!シャトー・ラフィット・ロートシルトやラトゥールの近くの人気格付ポイヤック! ランシュ・バージュとランシュ・ムーサはかつて一つのシャトーでした。分割され新しくできたのがランシュ・バージュでどちらかというとランシュ・ムーサが本家、という話はあまり知られていないかもしれません。 ランシュ・ムーサの敷地は200haと広大なものでポイヤック最大級。そのなかから最良のテロワールだけを選んで葡萄畑にしています。クラシックボルドー現在形ともいえるスタイルは、左岸を中心としたクラシック回帰の潮流のなかで確実に評価を高めてきました。デキャンタ誌でマルゴーとならぶ5ツ星★★★★★評価を受けています!! 全体に紫色を帯びた、やや濃いガーネットです。ブラックチェリーやカシス、ハーブ、スパイスやカカオの芳醇な香り、湿った土や樽のニュアンスもあります。アタックはソフトで、こなれたタンニンと豊かな酸が溶け込み、ビロードのような上品で滑らかな質感。 ポイヤックらしい力強さというよりは、ピュアで雑味がなく柔らかさが印象的です。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区ポイヤック格付第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン70%、メルロー30%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【ポイヤック AOC】【シャトー ランシュ ムサス】【シャトー ランシュ ムーサ】【格付 第5級】【メドック 5級】【メドック 五級】【バタイエ】【シャトー ランシュ ムサス 】【シャトー ランシュ ムーサ 】【AOC ポイヤック 】【メドック 格付 】【カステジャ 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【ポイヤック 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【フランス ボルドー 】【ボルドー メドック 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau LYNCH MOUSSAS シャトー・ランシュ・ムーサ(ムサス) 1969年にカステジャ家に買収されて以来、実力を上げているポイヤック格付第5級!【シャトー・ラフィット・ロートシルト】や【ラトゥール】の近くの人気格付ポイヤック! しなやかで、しっかりとしたストラクチャーが魅力早くから楽しめるクラシカルなスタイルのポイヤック!! 【シャトー・ランシュ・ムーサ】は、シャトー・バタイエを所有するボルドーの名家、【カステジャ家】が1969年から所有するシャトーです。1855年のメドック格付け時には第5級にランクインするも、その後品質は伸び悩み長い低迷期に陥りました。しかし、カステジャ家がオーナーとなってからは、醸造所の改築や畑の改良などを積極的に行い、往年の名声を取り戻しつつあります。 格付け第5級の【シャトー・ランシュ・バージュ】とは、元々1つのシャトーでした。分割され、新しく出来たのがランシュ・バージュです。本家ランシュ・ムーサより、ランシュ・バージュの評価の方が現時点では比較的高いですが、ランシュ・ムーサの1990年代初頭からの品質向上には大きく目を見張るものがあり、クラッシック・ボルドー回帰の潮流の中で、確実に評価を高めてきています。 ランシュ・ムーサの敷地は200haと広大でポイヤックでは最大級です。5大シャトーなどの傑出したシャトーが集まるジロンド川沿いではなく、内陸部(ポイヤック村の西部)に位置し、土壌は砂質の多い礫質です。砂礫が厚く、石灰岩、粘土質、泥灰質からなるジロンド川沿いの土壌に比べると、排水の便でやや劣り、土壌のポテンシャルは下がります。アペラシオン・ポイヤックであるがために、同アペラシオンのシャトーと比較され優劣を付けられがちですが、不利な土壌にも関わらず、しなやかでしっかりとしたストラクチャーを持ち、早くからお飲みいただけます。 シャトーランシュムーサ ムサス ポイヤックメドックグランクリュクラッセ格付第5級 2001 Chateau Lynch Moussas 2001 赤 ワイン 爆買い,大得価

ルシア 2004 サンテミリオングランクリュ Lucia 2004 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン セール,高品質

パーカー氏がガレージワインのこのワインに「保守的な評論なんてくそくらえ!!」と一蹴のもと高評価をした人気ワイン!! ファーストヴィンテージは2001年、【ボルトルッシ家】所有、【ボーセジュール・ベコ】の真北の石灰岩台地1ヘクタールを含む3.5ヘクタール。樹齢100年を超えるブドウ樹も含んでいます。 粘土、沖積土、石灰質が入り混じり、複雑な土壌を形成しています。ある区画はCouvent des Jacobinsに隣接し、その他にモンブスケやルソーに隣接する区画もあります。収穫は全て手摘みで行われ、選果は2回に分けて丁寧に行われます。ポンプ不使用、小型の開放発酵槽が使われます。マイクロ・オキシジェネーションで色素やタンニンを安定させています。フレンチオーク新樽100%にてマロラクティック発酵後、シュールリー熟成。生産量はわずか750ケースの希少ワイン。 濃いガーネット色。プラム、ブルーベリーなどの果実香といっしょに野性味のあるスモーキーな香ります。そしてその中にバニラ系の甘い香りやコーヒーのような香ばしい香りもあります。味わいはしなやかな口当たり。たっぷりの果実がリッチで力強さもありながら、上質なブドウ果実をで造られている実感を感じます。抜栓したては若干の硬さを感じますが、ゆっくりと柔らかさが増してきてます。 ロバート・パーカー氏もこんなコメントを!! 「25hl/haと収量は少ないが、メルロー90%、カベルネフラン10%というブレンド比率でつくられたこのワインはコンサルタントのステファン・デュルノンクールのおかげで目を見張るような出来になった。このガレージワインを皮肉っぽく国際的なスタイルという人がいるが、結果的にはすばらしいテイスティング用ワインであり、保守的な評論なんてくそくらえだ!! 」 「フルボディでインクのような紫色をしており、クレームドカシス、溶けたチョコレート、エスプレッソの香ばしさ、パン・グリエのゴージャスな芳香がある。 酸は弱く、息を飲むほどアルコールは強い。豪奢で、くらくらしそうで、非常に魅力的なワイン。」 「豊かで官能的でパワフルで生命力に溢れ、口をつけるたびごとに体にエネルギーが注入されるような開放的で積極的な味わい。すごい濃さだがまったく重さがなく、溌剌としていて表面はビロードのようにしっとり。酸もイキイキとして心地良い。フローラルな繊細さとスパーシーな野生味を見事に両立させた高密度な香り。余韻も良い。」 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区 AOCサンテミリオン・グラン・クリュ●ブドウ品種メルロー90%、カベルネフラン10%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】【ボルドー 辛口 赤  】【サンテミリオン 辛口 赤 】【サンテミリオン グラン クリュ 辛口 赤】【ルシア】【Lucia】【ルシア 辛口 赤  】【フランス 辛口 赤  】【AOC サンテミリオン グラン クリュ 】【ステファン・ドゥルノンクール】【シンデレラワイン】【スーパー サンテミリオン】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Lucia AOC Saint-Emilion Grand Cru ルシア AOCサンテミリオン・グラン・クリュ ワイナート誌のトップを飾ったあの最高級ガレージワイン!樹齢104年の老樹を含む小さなブドウ畑からステファン・ドルノンクールのコンサルタントにより出来上がるワイン!!完成度の高いスーパー・サンテミリオン。 もともとポテンシャルの高いテロワールを持った畑ですが、コンサルタント(ステファン・デュルノンクール氏)により急激に品質が向上して、急速に人気を集めたシンデレラワインの一つ。 掘り出し物ボルドーを世に送り出すプロ、ジェフリー・デイヴィス氏のお墨付き、パーカー氏も絶賛、日本ではワイナート誌で高評価を得て表紙を飾り、その後漫画「神の雫」でも取り上げられて、人気が高まりました。 ルシア 2004 サンテミリオングランクリュ Lucia 2004 Saint Emilion Grand Cru 赤 ワイン セール,高品質

シャトースータール 1977 マグナムサイズ 1500ml Chateau Soutard 1977 Magunum 1500ml 赤 ワイン 送料無料,セール

このサン・テミリオン特別級のスータールは、サン・テミリオンで最も古いシャトーの一つであり、この地区の伝統的なスタイルを持つ非常に長命なワインです。最低10年は待たされる事がしばしばあり、ほとんどのヴィンテージにおいて20年以上熟成するだけのポテンシャルを持つワインが産み出されています。その生産量のほとんどがベネルクス三国をはじめとするヨーロッパ圏内で消費される為、日本での知名度は高くありませんが、熟成ボルドーが好きなワインラヴァーに断然オススメのシャトーです。 スータールは、非常に長命で、タンニンの豊富な力強いスタイルです。20年以上の熟成を経て、ようやく飲み頃を迎えています。若い内にあった強くてドライなタンニンがようやく穏やかになり、凝縮した濃厚な果実味はまろやかでふくよかな印象に変貌を遂げております。これぞ熟成ボルドーの醍醐味という味わいです。 ※こちらの商品は希少な古酒の為、ラベルに汚れや欠損しているものがございます。ご了承の上、お買い求め下さい。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー 65%、カベルネ・フラン 35% ●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量1500ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【AOC サンテミリオン】 【ゴーミヨ】 【ル・クラスマン】 【ロバート パーカー】 【赤 フルボディ 辛口 】 【サンテミリオン 赤】 【ボルドー サンテミリオン 】【シャトー スタール】 【シャトー スータール】 【ロバート パーカー】 【サンテミリオン 特別版】 【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ AOC】 【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【ヒュー ジョンソン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau SOUTARD シャトー・スータール 凝縮された魅惑的な果実味となめらかで豊かなタンニン!の人気特別級!!サンテミリオンで最も古い歴史をもつシャトーのひとつ。凝縮された魅惑的な果実味と、なめらかで豊かなタンニンを特徴としたサンテミリオンでも屈指の長寿を誇るワイン! パーカーがサンテミリオンで秘密にしておきたいと言う程の魅力的なシャトー・スータール。 18世紀から長らく同じ一族によって経営されている由緒あるシャトー・スータール。 畑はコート地区の最も高い場所に位置しており、石灰岩土壌に植えられたメルロとカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしています。 熟成は最低30%新樽使用し、清澄も濾過も行わないリッチなスタイルで、果実味・タンニン共に非常に豊かな長期熟成型です。 「潜在的に優良なグラン・クリュ・クラッセ。イギリス人向きの寿命の長い、力強いワイン群。ただしフランス人は若いもに胸を躍らせる。」 としてヒュー ジョンソン氏3ツ星★★★高評価!! シャトースータール 1977 マグナムサイズ 1500ml Chateau Soutard 1977 Magunum 1500ml 赤 ワイン 送料無料,セール

シャトーオーバイイ 2000 Chateau Haut Bailly 2000 赤 ワイン 限定SALE,高品質

 グラーグ地区で最高のワインの一つとして名高いシャトー・オーバイイ。畑は周辺で最も高い丘の頂にあり、日当たりが良く排水に優れているという、素晴らしい立地です。また、そこに植えられている ブドウの樹のうちの、15%がなんと「樹齢90年」 という驚く樹齢、さらに フィロキセラの害を免れた、アメリカ産の台木に接木していない純粋なフランス産の木 なのです。オーバイイのワインは、滅多にお目に掛かることの出来ない貴重なブドウから造られています。 若いうちは軽い印象のワインなのですが、それも樹齢の高さと濾過処理を行わない伝統的な造り方の為と言われてしまっています。その本当の実力が現れるまでにはもう少しだけ時間が掛かり、瓶詰めして5年ほど寝かせたあたりから香りが豊かになり、重みと深みを増していくようになります。 良年のものは、しなやかで熟した果実の風味と魅惑的なアロマを持ち、“ペサックで最もエレガント”と評されているワインですので、是非この素晴らしいワインを味わってください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ペッサック・レオニャン地区レオニャン村●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【シャトー オー バイイ 】【グラン クリュ クラッセ グラーヴ】 【フランス グラーヴ】【グレイト ヴィンテージ】【ボルドー グラーヴ 格付】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut-Bailly シャトー・オー・バイイ ロバートパーカー氏は「品質面ではオー・バイイのワインはメドックの三級シャトーのものに匹敵する」と絶賛! 歴史 シャトー・オーバイイの歴史は、17世紀にまで遡る事が出来ます。ピカルディーでワイン商を営んでいた【ニコラ・ド・ルバルド】がボルドーに移り住み、【ファーミン・ル・バイイ】と知り合います。この二人がオーバイイの基礎を作り上げました。 彼らは、現在のブドウ畑のある土地にブドウを植え、すぐに素晴らしいワインを造りを開始します。ファーミン・ル・バイイの死後、彼の妻がシャトーを相続し、立派な城館を作り、その後、彼女の息子のニコラが相続したが、借金の債権者たちからシャトー売却を強制され、債権者の一人である【ジャン・ド・カイソン】が36haの畑を譲渡されます。 18世紀、ボルドーの議会の議員であったクリストフ・ド・ラフォリーとバロン・ド・モンバドンがシャトーを引き継ぎます。1805年には、彼の息子で、ボルドーの市長となったローランへと所有権が移り、彼はフランスの上院議員になり、多忙のためシャトーの管理ができず、すぐに手放します。 その後、シャトーは所有権が色々と変わります。1872年に【アルシッド・ベロ・デ・ミニエール】が購入。彼は購入直後から、合計24室もある豪華な城館へとこのシャトーを造り変えました。 しかし、他のシャトー同様に、オーバイイにも様々なブドウの木の病気に襲われます。ワイン作りは素人だったのですが、これらの禍に科学的に立ち向かい、蔓延していた「べと病」に対しては専用のタンク室を作り、フィロキセラには当時有効とされていたアメリカ産の台木への接木を一切行わない道を選びました。 こうした情熱が周囲に知られ、徐々に彼は『ブドウ栽培者の王』と呼ばれるまでになりました。 1906年に彼の死後、その妻と娘によ意志は引き継がれます。 1918年、シャトーは地質学者であった【フランツ・マルブザン】に売却され、1923年に彼は亡くなり、娘たちによってシャトーは売却されてしまうのです。その後の所有者たちはシャトー経営に興味を示さず、次第にシャトーは荒廃の一途をたどりました。 シャトーの復興! 1955年、ベルギー人の両親を持つリール生まれの【ダニエル・サンダース】がオーナーとなります。フランスで就学した後、ベルギーで亜麻の栽培をしていた彼は、戦争後、彼の妻の出身地であるボルドーワインに興味を持ち、亜麻の栽培以外にワインの取引も行います。それを機に、オーバイイのワインを高く評価されるようになります。サンダース家が来てからオーバイイは大きく変わりました。その頃、相次いだ売却のためブドウ畑は細分化されていたため10haしか購入できず、また醸造所や貯蔵室も他人の手にありましたが、彼は徐々にブドウ畑の拡張を進め、また、醸造所や樽貯蔵室を取り戻してゆきました。1979年、ダニエルが亡くなり、息子のジャンがシャトーを引き継ぎます。彼は19世紀に賞賛されていたオーバイイの名声を取り戻すための尽力したが、ジャンの死後、彼の姉妹はこのシャトーの相続税を支払うことが出きず、泣く泣く売却してしまいます。 1998年、シャトーはM&Tバンクの【ロバード・G・ウィルメール】が手に入れます。彼はオーバイイのワインをエレガントでフィネスがあるワインにしたいと思い、以前のオーナーの一族であった【ヴェロニク・サンダース(ジャンの孫娘)】とともに、情熱を燃やしワイン造りを続けています。 シャトーオーバイイ 2000 Chateau Haut Bailly 2000 赤 ワイン 限定SALE,高品質

シャトーピュイゲロー 2004 Chateau Puygueraud 2004 赤 ワイン 送料無料,2016

『神の雫』に登場した話題のワイン!銘醸ル・パンのティエンポン家が造る 最高のコート・ド・フラン。ボルドー1級格付けに匹敵する評価です。 ボルドーの高級ワインである“ル・パン”と同じティアンポン家が経営しています。 ボルドーの中でマイナーなアペラシオンであるコート・ド・フランを、一躍有名にしたシャトーです。 偉大なボルドーワインの品格を手頃な値段で存分に楽しめます。 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ●ブドウ品種メルロー60%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソービニヨン10%、マルベック5%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【ポイント 星】 【シャトーピュイグロー】 【ボルドー  コート・ド・フラン】 【シャトー ロリオル】 【シャトー ピュイグロー】 【シャトープイグロー】 【シャトープィゲロー】 【シャトーピュゲロー】 【シャトープイグロー】 【シャトーピュイゲロー】 【ピュゲロー】 【ピュィゲロー】 【赤・フルボディ】【フランス 赤】 【ボルドー 赤】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Ch.Puygueraud シャトー・ピュイゲロー 『神の雫』に登場! 2千円台でこの美味しさ!!数量限定入荷! しかも、以前ワイン専門誌『ワイン王国』の 『超特選ベスト・バイ・ワイン』企画にて、2000年物が、見事最高の5ッ星★★★★★を獲得! ワイン好きが、毎週楽しみにしている『神の雫』。それにバーンと登場してきたのが、この造り手。 「シャトー・ピュイゲロー」と言えば、ボルドー・ワインに精通している方ならば、皆さんご存知の、 隠れた逸品です。 1本数万円もるすシャトー・ル・パン等の超一流シャトーを造り出す、ボルドーの名門ティエンポン・ ファミリーが造っているという事だけで、圧倒的な安心感があります しかも、以前ワイン専門誌『ワイン王国』の『超特選ベスト・バイ・ワイン』企画にて、 2000年物が、見事最高の5ッ星★★★★★を獲得! ワイン王国では・・・・ バランスとパワーを兼ね備えたボルドー・コート・ド・フラン 名門ティエンポン・ファミリーのエスプリボルドーの最高傑作『シャトー・ル・パン』や、『ヴュー・シャトー・セルタン』を所有する ベルギー出身のネゴシアン、ティエンポン・ファミリーの経営です。 1946年にジョルジュ・ティエンポンがこのピュイゲローを購入し、荒廃した土地を30年以上の 歳月をかけ新しく生まれ変わらせた。 本格的にブドウ作りに取り組んだのは、70年代の終わりからです。 83年がファースト・ヴィンテージ。現在はニコラ・ティエンポンが運営している。 (『ワイン王国20号』よリ抜粋) 荒廃した畑(土地)を30年以上の間、手間暇をかけて改善したんです。 気の長い話しですが…。 ワインに精通している方の間では、以前から、定評のあるワインです。 プロフェショナルの中のプロフェッショナルが 生み出した、ハイコストパフォーマンスワインです。 ボルドー好きは、騙されたと思って、数本まとめてお試し下さい! “ル・パン”と同経営のハイコストパフォーマンス・シャトー 芳醇で上品な香りが楽しめ、全ての味わいの要素が高い次元で バランスよくまとまっています。 このワインも大人気マンガの“神の雫”に登場し、今後は人気、 価格共に上昇する可能性大です。 芳醇で上品な香りが楽しめ、全ての味わいの要素が 高い次元でバランスよくまとまっています。 このワインも大人気ワインマンガに登場し、 話題になったワインです。 様々な専門家も軒並み高評価しているワイン。 ワインスペクテーター誌最新号(2009年3月31日号)で驚異の90点獲得! リアルワインガイドで2005年が高評価89点獲得!! あのル・パンやパヴィ・マカンのティエンポンファミリーが 造る人気ワイン! ヒュー・ジョンソン氏をして「樽の中で熟成させたワインは驚くほど優秀」と言わしめ、辛口コメントのロバートパーカー氏でさえ、選りすぐられた『お値打ちワイン』に挙げられています! シャトーピュイゲロー 2004 Chateau Puygueraud 2004 赤 ワイン 送料無料,2016

シャトーソシアンドマレ 2004 AOCオーメドック Chateau Sociando Mallet 2004 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 驚きの破格値,得価

Chateau Sociando Mallet シャトー・ソシアンド・マレ フランス国内でほとんど消費される人気銘柄。  もしメドックの格付けの見直しが行わることがあれば確実に3級以上に上がってくるのではないかと言われ、格付けシャトーの実力を持つと言われる【ソシアンド・マレ】 ソシアンド・マレというワインは61ある格付けシャトーではありませんが、もし格付けを見直す事があれば格付けされる事は間違いないシャトーです。理想的なテロワールの畑で、昔ながらの製法を守り、骨格のしっかりとした、それでいて非常にエレガントなワインを造り続けています。ブドウ栽培には細心の注意がはらわれており、もちろんワインの醸造にも細かいところまで配慮されています。  それで高い品質のワインが出来ないはずがありません。品質は格付けシャトー並みでありながら、昨今の投機目的のバイヤー達の目にはふれていない為、今のところボルドーバブルの波には乗っていない事も魅力です。  ワインの特徴はインクのような黒いルビー色、いつまでも香りをかいでいたいような、スミレやブルーベリー、甘草、鉛筆の芯などの数々の複雑な香りに心を打たれます。カベルネに由来するカシスの香りがはっきりとあらわれており、樽に由来する香りの要素は控えめです。口に含むととてつもなくタニックで、穏やかな酸と果実味の甘味のバランスが良く、粘性はさほど強くはありませんが、しっかりとしたボディを持っています。  やはり格付けシャトーに匹敵するポテンシャルが感じられますが、今飲んでも十二分に楽しむことが出来ます。      日本でもワインファンが多くなってきておりなかなか手に入り難くなってきているワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区オー・メドックAC / サン・スーラン村●ブドウ品種カベルネ・ソービニヨン60%、メルロ25%、カベルネフラン10%、プティヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ 】 【ソシアンドマレ 】 【格付けボルドー 】 【フランス 辛口 赤 】 【ボルドー 赤 辛口 】 【オー メドック 辛口 赤 】 【オー メドック クリュ ブルジョワ 】 【パーカー 】 【メドック格付け 】 【オー メドック 】【クラスマン 】【ゴーミヨ 】 【ソシァンド ソシアド】【ボルドー】【メドック 】【オーメドック】【ソシアンド・マレ 】 【フランス 】【オー・メドック】【】 Chateau Sociando Mallet シャトー・ソシアンド・マレ Chateau Sociando Mallet AOC Haut Medoc シャトー・ソシアンド・マレ AOCオー・メドック「格付シャトーをもしのぐ実力」としてメドック格付と同等の評価をされるほとんどがフランス国内で消費されるクリュ・ブルジョワ!第2級~3級に昇格させるべき、素晴らしいシャトー! 厳しい評価で知られる【レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス(旧クラスマン)】は5大シャトーに次ぐ★★(ダブルスター)評価(これは人気急上昇中のポンテ・カネやローザン・セグラと同評価)です。「この25年でメドックのクリュ・ブルジョワの中で最も名高いものとなり、グラン・クリュ(格付)3級の候補にまで挙げています。  ロバート・パーカー氏は4つ星★★★★をつけ、「多くの格付けワインと優に肩を並べることができ、フランスのワイン通の間で評判が高まっている。その大半がフランス国内で買われていることからもすでに証明済である」と大絶賛!  1850年頃にここを購入した寡婦であるマダム・マレの要請で、19世紀中頃にこの最終的なシャトー・ソシアンド・マレの名前を取りました。ジャン・ガトローは、この素晴らしい立地ですが荒れ果てた敷地を1969年に購入し、以来その品質を格付けされたシャトーを今の位置に引き上げてきました。  シャトー・ソシアンド・マレを評価する際には、必ず「クリュ・ブルジョア格付けの中では、間違いなくトップシャトーだ」というような言われ方をすることが多かったものです。しかし、2003年からはこの申請すらせずに、ついに組合を脱退。敢えて格付け無しのシャトーへ戻る道を選びました。  評価や価格の面から言えば、格付け2級~3級のワインと同等とされており、市場からの評価と格付けが掛け離れてしまった為、致し方ないことだったのかもしれません。  ソシアンド・マレの品質の秘訣は、多数の要素から成っています。素晴らしい立地、水はけの良い砂利の土壌、1ha当たりに植えられた葡萄の木の密度の高さを備えた素晴らしい畑があります。彼が用いたスタイルは、古典的といえるまでにクラシックなボルドースタイルのワイン作りにこだわること。澱引きや濾過処理などは一切行わず、伝統を守った方法へと回帰していったのです。少なくとも15年以上たった樹からできたワインだけが、【シャトー・ソシアンド・マレ】のラベルを持つことができます。  偉大なワインを造るのは、古い木の葡萄からできるということです。高温発酵、3週間及びそれ以上のマセラシオン期間、新樽の使用80%及びそれ以上、最小限の清澄とフィルターがけは、このシャトーのワインを秀逸なものにするのに貢献する要因の一つにすぎません。  このため、そのワインは色濃く、タンニンが強めで骨太。「何年も寝かせておくべき代物だ」という評価がなされています。ひょっとすると、歴史ある格付けシャトーたちのワインよりも、よほどボルドーワインらしい味わいが感じられるワインだと言えるかもしれません。  このシャトーの総体的な目標は、非常に伝統的なメドックワインを造ることにあるのです。【ソシアンド・マレ】はフランスで有名なタイユヴァン、ロブション、トゥール・ダルジャン、ジョルジュ・プラン、アマ、ラメ等の多くのレストランでサーブされています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  サン・スーラン・ドゥ・カドゥルヌにある【ソシァンド・マレ】は、10年から25年間優雅に寝かせることを意図した非常に高い品質の、妥協を知らないワインをつくっている。畑は、ジロンド河を望む贅沢な場所にあり、この荒廃していたシャトーを1969年に買ったジャン・ゴートローが細心の注意を払ってつくるワインは、インクのように黒っぽいルビー色で、極めて凝縮感があり、フルボディで、口すぼってしまうようなタンニンがたっぷりある。  ソシァンド=マレは、メドックのどのワインよりも長持ちする可能性の高いワインだ、と主張した評論家もいる。ソシァンド・マレの優れた品質の鍵は数多くある。まず、非常に日あたりがよく、排水もよい、砂利の多い土壌の卓越した畑、1ha あたりの植樹植度の高さ(8000本)、そして手摘みの技術である。32℃から33℃の発酵温度、3週間またはそれ以上のマセラシオン期間、100%の新樽使用率、そして清澄や濾過を行わないことなども、このシャトーの水準の高さを示している。  これらのことによってもたらされる結果は、異論の余地がない。ソシァンド=マレが多くの格付けワインと優に肩を並べることができ、フランスのワイン通の間で評判が高まっている。その大半が国内で買われていることからも、すでに証明済みである。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:66ha 平均樹齢:25~30年 密植度:8800本 平均収量:50~55hl/ha 育成:発酵と20日間のマセレーションは温度管理された槽で行う。 熟成はオークの新樽100%で11ヶ月。 清澄も濾過処理もしない。 所有者:ジャン・ゴートロー シャトーソシアンドマレ 2004 AOCオーメドック Chateau Sociando Mallet 2004 AOC Haut Medoc 赤 ワイン 驚きの破格値,得価

シャトープジョー 1990 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1990 AOC Moulis 赤 ワイン 人気,最新作

Chateau Poujeaux シャトー・プジョー 知る人ぞ知る銘醸地ムーリを代表するシャトー!ヨーロッパのワイン通がこぞって購入する【シャトー・プジョー】! ムーリといえば、シャトー・シャス・スプリーンやシャトー・モーカイユなどの優良プティシャトーが存在する、知る人ぞ知る銘醸地です。メドック格付けのシャトーがない為、軽視されがちなアペラシオンですが、評価の高いワインが軒を連ねる、穴場的地区です。  シャトー・プジョーは、1544年に遡る歴史あるシャトーのひとつで深みのあるルビー色としっかりとしたストラクチャーを持っており、ムーリの典型とも言えるスタイルをしています。日本ではほとんど無名ですが、本国のフランスでは、通が好む粋なワインとして知られており、実質的には特級シャトーのクオリティを持っています。 事実、ワイン批評の権威、ロバート・パーカー氏にも格付けの見直しがあれば、5級以上に格付けされるだろうと評価 しています。  ちなみに2008年にサン・テミリオンのキュヴェリエ家が購入、ル・パンのニコラ・ティエンポン氏と人気醸造家のステファン・デュルノンクール氏が醸造チームとして入ることになりました。シャトーを購入した、フィリップ・キュヴェリエ氏は、2001年にサン・テミリオンのプルミエ・グランクリュ・クラッセのクロ・フルテを買収、 品質を向上させた実力の持ち主。もちろん、今後の品質の向上も期待できますが、フィリップ・キュヴィリエ氏に目を付けられる程、もともとポテンシャルの高いシャトーであると言えます。 シャトー・プジョーは少し紫がかった美しいルビー色。熟した黒系果実の甘やかな香りに、微かにバニラの香りが感じられます。味わいは、落ち着いた樽のニュアンスに、香りに感じられたブラックベリーなどがコンポートされたような、滑らかで甘いテイスト。きれいに熟したタンニンはとてもリッチで、飲む人をゆったりとした気持ちにさせてくれます。   *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 59%、メルロ 36%、プティ・ヴェルド 5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】【AOC ムーリス】【ムーリス クリュ ブルジョワ】【赤 フルボディ】【シャトー プジョー】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ムーリス 赤 辛口】【シャトー プジョー 】【シャトー クロ フルテ 】【メドック ムーリス 】【フィリップ キュヴリエ 】【マチュー キュヴリエ 】【Cuvelier Family 】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Poujeaux シャトー・プジョー Chateau Poujeaux AOC Moulis en Medoc シャトー・プジョー AOCムーリス・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナルムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン! ボルドー・メドック・ムーリス村を代表する3大シャトーのひとつ!!【シャトー・シャス・スプリーン】と【シャトーモー・カイユ】とともにムーリス村の珠玉のワイン!永い寿命を約束されたタンニンの多い、凝縮された個性的なフルボディ辛口赤ワイン!!さらにサンテミリオン1erGCのあの【シャトー・クロ・フルテ】のキュブリエ家が所有するシャトー! メドック中央部に位置するムーリス村近辺は、小規模なプチ・シャトーが数多く集まる地域です。その中で「クリュ・ブルジョワ」に格付けされ、【シャス・スプリーン】【モーカイユ】と並ぶ、同地区のトップクラスとして知られているのが【シャトー・プジョー】です。  クリュ・ブルジョワのコンテストでも何度も優勝しているほどで、1855年の格付けの際には、このムーリス村からは1つも選ばれることはありませんでしたが、「見直しが行われるとしたら確実に選ばれる」 と、高い評価を受けているシャトーです。ここのワインは、この地区の典型的な、口当たりがまろやかで深みがある長期熟成タイプの赤ワインです。 ムーリス村を代表する新進シャトーのワイン、ぜひ一度お試しください。 かつてはシャトー・ラトゥールの一部  【シャトー・プジョー】の歴史は、16世紀にまで遡る。当時は現在のシャトー・ラトゥールの建物の一部だったのだを1806年、カスタンがシャトー・プジョーを購入しました。1880年にはこの土地を三分割にしました。1921年、フランソワ・テイユがその土地の三分の一を購入し、彼の息子ジャンは、かつて分割された土地を再び統合します。1881年からは、三人の息子フィリップ、ジョン・ピエール、フランソワによる経営が始まりました。  1997年、7人の子供たちにより、株式会社ジャン・テイルが創設され、敷地面積は15年間で10ha拡大され、各施設には相当な額の投資を行なっています。醸造所の再建、温度管理設備、新樽による熟成、ブドウの厳選など、品質への配慮が追求されています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  プジョーとシャス=スプリーンとモーカイユの間には相当なライバル意識があるが、ほとんどの人は、年によって多少違いはあるものの、この3つがムーリの最上のワインと見ている。プジョーは1544年にさかのぼる最も歴史のあるシャトーの1つで、当時、このシャトーと周辺地域は、ラ・サル・ド・プジョーと呼ばれていた。現在は1920年にプジョーを手に入れた一族、テイユ兄弟によって経営されている。  プジョーのスタイルはムーリのワインの典型で、深みのあるルビー色で、タニックである。若い時には渋く、硬いとこもあるので、やわらかくなり、熟成するには、通常最低でも6年から8年間寝かせる必要がある。隣のシャス=スプリーンより熟成に時間がかかるが、非常に長生きする可能性を持っている。1985年と1988年に飲んだ1928年のすばらしいボトルは、プジョーがどれほど称賛に値し、熟成させる価値があるかを証明してみせた。プジョーは、ボルドーで新しい格付けがあれば五級とされる価値があるワインである。最近、プジョーは2001年と2000年に卓越したワイン、1997年にはそのヴィンテージの最良のワインの1つをつくった。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:55ha、平均樹齢:35年、植樹密度:10000本、平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス、木、コンクリートのタンクで4週間。熟成は毎年半分ずつが更新される樽で12ヵ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5% 所有者:テイユ家 シャトープジョー 1990 AOCムーリスクリュブルジョワエクセプショナル Chateau Poujeaux 1990 AOC Moulis 赤 ワイン 人気,最新作

シャトークロックミショット 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Croque Michotte 1990 Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新作入荷,限定セール

ペトリュスの400m隣で生み出される贅沢なワイン!パーカー三ツ星生産者! サン・テミリオンの実力派シャトー!「シャトー・クロック・ミショット」。ポムロールとサン・テミリオンの境にあり、恵まれた土壌。(ラ・ドミニクのすぐ隣、シュヴァル・ブランやペトリュスから400m)パーカーも「肉づきがよく、贅沢なスタイルで、ファンが大勢いる」と評価しています。 ブラックチェリー、ブラックベリーを少し煮詰めたような香り。完熟したオリーブ、黒胡椒の香りが鼻に抜ける。旨み、甘みが凝縮してぎっしり詰まったとてもリッチな味わい。甘苦い果実感の余韻が長い。タンニンもシルキーで滑らか。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を 致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区サンテミリオン・グラン・クリュ●ブドウ品種メルロ 70%、カベルネ・フラン 30%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC サンテミリオン グラン クリュ】【シャトー クロック ミショット】【AOC サンテミリオン グラン・クリュ・クラッセ 】【シャトー カロン 】【サンテミリオン 赤 辛口 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Croque Michotte / AOC Saint-Emillion Grand Cru シャトー・クロック・ミショット/AOCサンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ あのシャトー・ペトリュスやシュヴァル・ブランの400m隣で、シャトー・ガザンやラ・ドミニクの隣という好立地で生み出される、パーカー3ツ星★★★生産者でもあるサンテミリオン・グラン・クリュ!! ペトリュスやシュヴァル・ブランの400m隣で生みだされるシャトー・クロック・ミショット。 畑はサンテミリオンの砂利(グラーヴ)地区にありポムロールと境を接し、あの有名なシャトー・ガザンやラ・ドミニクの隣という恵まれた土地にあります。 シャトークロックミショット 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Croque Michotte 1990 Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新作入荷,限定セール

シャトーシャススプリーン 2003 Chateau Chasse Spleen 2003 赤 ワイン 最安値,お買い得

Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン 大人気のボルドー・メドック・フルボディ辛口赤ワイン!あの『神の雫』にも登場!ロバート・パーカー氏には3~4つ星★★★~★★★★生産者で「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛するシャトー! シャトー名である【シャス・スプリーン】は「憂いを払う」との意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロンが命名されたと言われています。グランクリュ並みの人気と実力をもち、2003年より、ブルジョワ・エクセプショネル級に格上げされています。  【シャトー・シャス・スプリーン】は、ムーリスのトップ・クラスのシャトーとして格付け以上の評価を受けています。その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。第一次世界大戦当時から1976年まではラーリ家が所有して見事なワインを生産してきましたが、その後タイヤン社を中心とするグループが買収しました。そのタイヤン社の取締役ジャック・メルローの手腕により、品質もよりいっそう素晴らしいものになり、品質もヴィンテージに関係なく安定してレベルの高いワインを生産しています。  深いガーネット色、透明度が高く輝きがあります。フレッシュなバラやサクランボ、ハーブ、リコリス、鉛筆の芯の香りが濃厚かつ複雑に香り、ほのかにバニラのニュアンスも感じられます。味わいには凝縮したサクランボや桑の実、きめの細かいしなやかなストラクチャー、タンニンも力強く、余韻も長く上品に続いていきます。若いうちは荒削りに感じられますが、熟成後はメドックでも最上の赤ワインに華開いてくれます。複雑味もありますが、全体としてのバランスに非常に優れた逸品です。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】フルボディ 辛口 赤】【シャススプリーン】【シャス スプリーン】【ムーリー】【シャトー・シャススプリーン 】【シャトーシャススプリーン 】【シャトーシャス・スプリーン 】【シャススプリーン 】【シャス スプリーン 】【ワインスペクテーター誌 】【ゴーミヨ誌 】【インターナショナルワインセラー 】【ロバート・パーカー 】【クラスマン 】【シャス=スプリーン】【シャススプリーン】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン Chateau Chasse-Spleen シャトー・シャス・スプリーン 『神の雫』にも登場!格付シャトー並みの評価を受けるムーリスのトップシャトー!!メドックでもっとも人気のあるクリュ・ブルジョワの一つ!『憂いを払う』力強さいっぱいのワイン!パーカー氏3~4ッ星生産者で、「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛!!シャス・スプリーンは「憂いを払う」の意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロン卿の命名と言われています。 1855年に決定されたメドック格付け「1~5級」の格下、クリュ・ブルジョワに格付けされるこのシャトーを、額面どおり格下に認識しているワイン関係者、愛好家は一人もいないでしょう。 その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。  濃厚な構成とアロマの力強さは、ACムーリスではトップで、ボルドー全域で見てもトップ・クラス。 カベルネ・ソーヴィニヨン優勢の造りは、若いうちはしばしば粗削りに感じられますが、熟成後はこの問題を解決し、メドックで最上の赤ワインの一つに昇華します。  構成成分は複雑だがバランスもよく、中程度の深い豊かな色調。甘く、噛みごたえがあり、エキス分もタンニンも豊富で力強く、余韻はそうとう長い。超大作級のグラン・ヴァンなのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャス=スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと松美のあるしっかりとした風味で特徴づけられている。  シャス=スプリーンの偉大なヴィンテージは2000年、1990年、1989年、1986年、1985年、1978年、1975年、1970年、1966年で、その中ではメドックのトップ格付けシャトーに匹敵するワインもある。  シャス=スプリーンはラーリー家の所有だったが、1976年に、筆頭株主をソシエテ・ベルナール・タイヤンとするシンジケートに買収された。取締役のジャック・メルローはシャトーの運営に関する多くの聡明な決定を下した。その結果、いっそうひらめきのあるワインが生まれ、1980年代の終わりには文句なしにトップクラスとなった。  4区画からなる畑は主として深い砂利質土壌で、平均樹齢が30年という多くの老木を誇る。ここは非常に伝統的な方法を今も忠実に守るシャトーである。マロラクチック発酵の後も瓶詰めの前も濾過をしない、メドックでもごく少数のシャトーの1つなのだ。現代技術に対する唯一の進歩は、ブドウの収穫の一部を機械で行うようになったことだけである。セカンド・ワインの導入、熟成用のオークの新樽使用率の引き上げ(50%)、細部に至るまでの完璧な配慮など、クレール・ヴィラールのもとでの進歩は明らかである。シャス=スプリーンが過小評価されていることに世界が気づいたため、価格に急騰した。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:80ha 平均樹齢:30年 植樹密度:10000本 平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリート(エポキシ張り)のタンクで3~4週間。 熟成は毎年40%が更新されるーク樽で14~18ヵ月。清澄はするが、いまでも濾過はしていない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、プティ・ヴェルド5% 所有者:SAデュ・シャトー・シャス=スプリーン シャトーシャススプリーン 2003 Chateau Chasse Spleen 2003 赤 ワイン 最安値,お買い得

シャトーローザンガシー 1990 メドック格付第2級AOCマルゴー Chateau Rauzan Gassies 1990 AOC Margaux 赤 ワイン 新作登場,豊富な

5大シャトーに次ぐ第2級の中で最も価格が安いシャトー ローザン・ガシー。同じ第2級ながら、高い人気のローザン・セグラの影に隠れて価格も相当の開きがあります。 ローザン・ガシーは、よくボルドー1855年の格付けの矛盾を語る場合にたびたび登場するシャトーとなっていますが、1995年以降、元々極めて高いポテンシャル(Ch.マルゴー、パルメ、ローザン・セグラ に囲まれている、マルゴー村で最高標高の畑)となっていること、更に、現オーナー兼、 支配人のジャン・フィリップ・キエ氏に代わり矢継ぎ早にセラーと畑の改良が進み、品質は急速に高まりました。            *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】 【ボルドー 辛口 赤 】 【オールド ヴィンテージ 】 【ボルドー 古酒 】 【メドック 古酒 】 【オー メドック 古酒 】【シャトー ローザン ガシー 】【シャトー クロワゼ バージュ 】 【AOC マルゴー】 【格付二級】【格付2級】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rauzan Gassies シャトー・ローザン・ガシー   マルゴーの格付シャトー、シャトー・ローザン・ガシーやポイヤック格付のクロワゼ・バージュと姉妹シャトーで、シャトー・マルゴーやパルメの隣!のマルゴー格付第2級『ローザン・ガシー』! 【ワイナリーの歴史 】 創始家であるガシー家は、マルゴーにおける歴史ある騎士階級の家系の一つでしたが、ワインシャトーとしての歴史は、18世紀からになります。 このシャトーの創設者の【ピエール・デスムズール・ド・ローザン】はもともとワイン商でもあり、合わせてラトゥールの貴族に仕える農業経営者でもありました。それを背景に領主の権利を得て資産を増やし、近隣の数多くの畑を所有していきます。 その後、約20年を経た17世紀の終わりに、後に格付けシャトーとなる【シャトー・ローザン・ガシー】と【ピション・ロングビル】を誕生させました。【ピエール・デスムズール・ド・ローザン】はかつて、ロンドン行きの船を貸し切って、自ら船中でシャトーのワインを販売していました。このような活動により、このシャトーのワインは当時からイギリスで高い評価がありました。 ローザン・ガシーのラベルの絵柄にブドウを守る鳥の羽を描くようになったのも、この頃だったということです。 1855年の格付けでは、ローザン・ガシーは第2級となります。1946年、パリとその近郊地域を中心にワイン仲介人業を行っていた【ポール・キエ】が、シャトーを購入します。1968年、シャトーは彼の息子ジャン・ミッシェルに引き継がれ、1995年からはジャン・ルイ・カンプが経営に加わります。 2001年にはジャン・ミッシェルの子供アン・フランソワ・キエとジャン・フィリップ・キエが加わり、現在に至っています。 【ローザン・ガシーについて】 シャトー・ローザン・ガシーは、17世紀後半までは【ローザン・セグラ】の一部でした。 また、シャトー・ローザン・ガシーは、【マルゴー】や【パルメ】などと隣接したブドウ畑を所有しており、その実力は間違いありません。しかし、同じ2級格付けで兄弟シャトーの【ローザン・セグラ】とは差が付いていたような感じではありましたが、現オーナーの【ジャン・フィリップ・キエ氏】が運営の指揮をとるようになってから、次々と改革を打ち出し、一気に品質を高めました。 少し前なら“最も安価な2級シャトーのワイン”と言うだけでしたが、現在ではしっかりと品質が上がってきましたのでて、名実ともに、まさにお買い得ワインとなっています。今後価格も上がっていくことになると思います。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ローザン・セグラの歴史はピエール・デ・メシュール・ローザンによってブドウ畑が開かれた1661年にさかのぼる。彼は当時、現在のピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランドとピション・ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。1855年、ローザン・セグラは第一級シャトーであるラフィット・ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオンの4大シャトーと、2級シャトーのトップクラスであるムートン・ロートシルトに次ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。1973年にムートン・ロートシルトは一級に昇格し、今やローザン・セグラは残る14の2級シャトーの最高位に位置する。1960年代、1970年代に生産されたワインがその地位に値するとはとても思えないが、当時の凡庸な品質は1983年のヴィンテージから劇的に変化した。  降り返ると、1983年以前のワインががっかりするのもであったのには、いくつかの正当な理由があるようだ。まず、多くのヴィンテージがカビ臭い、湿った、納屋の前庭のようなアロマに侵されており、これはワインの発酵に用いられていた古い木の発酵槽についた細菌のせいだと思われる。1980年代にステンレス製に変えられた。第二に、1956年の猛烈な霜の害の後で、当時の所有者、メロン氏は大々的に畑を植え替えた。その大部分が、結実性のよいメルロのクローンだった。1960年代、1970年代につくられたワインの多くにはブドウの樹齢の若さが反映されたばかりでなく、クローンの選択のまずさも出てしまっている。植えられたブドウは根株を掘り起こされ、カベルネ・ソーヴィニョンやもっと品質の高いメルロに替えられた。最後に、ローザン=セグラがボルドーの有名なネゴシアン、エシュノエを通じて独占的に売られたために、自由市場で売られるワインには当たり前の比較試飲が行われなかったこともある。独占的な売買契約を通してよりも、自由市場で売られる場合の方がはるかに品質向上が促されるのは明らかだ。  1983年以降は目覚しい改良が行われた。その年、アレクシス・リシーヌ・アンド・カンパニーの元社長、ジャック・テオがローザン・セグラの管理を引き継いだ。さらに、プルゾー氏が病気のジョワイヨ氏の後任として醸造責任者の地位に就いた。新しいシェ(ワイン蔵)の建設と、ステンレスの発酵槽を増設といったワイン製造施設の改良、新樽使用比率の増加、さらに最良のブドウだけをワインにするというテオの厳しい選抜方針により、ローザン・セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。最近のワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの上位グループに入る。1983年以来、ローザン・セグラのしてきたことで間違っていたことが1つだけある。ジャック・テオがボルドーの1987年ヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、ボルドーの仲間達を不愉快にさせた。そして、ローザン・セグラは主要なメドック格付けシャトーの中で、ある特定のヴィンテージ(すなわち1987年)を生産しない、何十年来で初めてのシャトーになった。1994年にはヴェルトハイマー家所有のオートクチュール、【シャネル】がローザン・セグラを買収した。  ここのワインは手に入れる価値のある華麗なものだ。価格の方はこの由緒あるブドウ園の新しい品質レベルにまだ追いついていない。所有者が最近代わったことで、ローザン・セグラがすばらしいワインを生産し続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。ただし、ここのワインは、そのタンニン量の多さからみて、熟成まで相当な忍耐と自制心もまた必要とする。 一般的な評価  1960年代から1980年代初めにかけてずっと出来がよくなかったにもかかわらず、ローザン・セグラは常にすばらしい潜在能力があると称賛されてきた。1980年代初め、このシャトーは完全に復活を遂げた。それから10年の間に生み出した卓越したワインが、それを証明している。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:51ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6500~1万本/ha 平均収量:40~45hl/ha 育成:6~8日間の発酵と10~14日間のマセレーションは温度調節されたステンレス槽で行う。ポンピングオーバーは1日2回行う。 熟成は新樽65%で18~20ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1% シャトーローザンガシー 1990 メドック格付第2級AOCマルゴー Chateau Rauzan Gassies 1990 AOC Margaux 赤 ワイン 新作登場,豊富な

シャトーローザンガシー 1999 Chateau Rauzan Gassies 1999 赤 ワイン 人気定番,得価

5大シャトーに次ぐ第2級の中で最も価格が安いシャトー ローザン・ガシー。同じ第2級ながら、高い人気のローザン・セグラの影に隠れて価格も相当の開きがあります。 ローザン・ガシーは、よくボルドー1855年の格付けの矛盾を語る場合にたびたび登場するシャトーとなっていますが、1995年以降、元々極めて高いポテンシャル(Ch.マルゴー、パルメ、ローザン・セグラ に囲まれている、マルゴー村で最高標高の畑)となっていること、更に、現オーナー兼、 支配人のジャン・フィリップ・キエ氏に代わり矢継ぎ早にセラーと畑の改良が進み、品質は急速に高まりました。            【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】 【ボルドー 辛口 赤 】 【オールド ヴィンテージ 】 【ボルドー 古酒 】 【メドック 古酒 】 【オー メドック 古酒 】【シャトー ローザン ガシー 】【シャトー クロワゼ バージュ 】 【AOC マルゴー】 【格付二級】【格付2級】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Rauzan Gassies シャトー・ローザン・ガシー   マルゴーの格付シャトー、シャトー・ローザン・ガシーやポイヤック格付のクロワゼ・バージュと姉妹シャトーで、シャトー・マルゴーやパルメの隣!のマルゴー格付第2級『ローザン・ガシー』! 【ワイナリーの歴史 】 創始家であるガシー家は、マルゴーにおける歴史ある騎士階級の家系の一つでしたが、ワインシャトーとしての歴史は、18世紀からになります。 このシャトーの創設者の【ピエール・デスムズール・ド・ローザン】はもともとワイン商でもあり、合わせてラトゥールの貴族に仕える農業経営者でもありました。それを背景に領主の権利を得て資産を増やし、近隣の数多くの畑を所有していきます。 その後、約20年を経た17世紀の終わりに、後に格付けシャトーとなる【シャトー・ローザン・ガシー】と【ピション・ロングビル】を誕生させました。【ピエール・デスムズール・ド・ローザン】はかつて、ロンドン行きの船を貸し切って、自ら船中でシャトーのワインを販売していました。このような活動により、このシャトーのワインは当時からイギリスで高い評価がありました。 ローザン・ガシーのラベルの絵柄にブドウを守る鳥の羽を描くようになったのも、この頃だったということです。 1855年の格付けでは、ローザン・ガシーは第2級となります。1946年、パリとその近郊地域を中心にワイン仲介人業を行っていた【ポール・キエ】が、シャトーを購入します。1968年、シャトーは彼の息子ジャン・ミッシェルに引き継がれ、1995年からはジャン・ルイ・カンプが経営に加わります。 2001年にはジャン・ミッシェルの子供アン・フランソワ・キエとジャン・フィリップ・キエが加わり、現在に至っています。 【ローザン・ガシーについて】 シャトー・ローザン・ガシーは、17世紀後半までは【ローザン・セグラ】の一部でした。 また、シャトー・ローザン・ガシーは、【マルゴー】や【パルメ】などと隣接したブドウ畑を所有しており、その実力は間違いありません。しかし、同じ2級格付けで兄弟シャトーの【ローザン・セグラ】とは差が付いていたような感じではありましたが、現オーナーの【ジャン・フィリップ・キエ氏】が運営の指揮をとるようになってから、次々と改革を打ち出し、一気に品質を高めました。 少し前なら“最も安価な2級シャトーのワイン”と言うだけでしたが、現在ではしっかりと品質が上がってきましたのでて、名実ともに、まさにお買い得ワインとなっています。今後価格も上がっていくことになると思います。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ローザン・セグラの歴史はピエール・デ・メシュール・ローザンによってブドウ畑が開かれた1661年にさかのぼる。彼は当時、現在のピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランドとピション・ロングヴィル・バロンから成るブドウ畑の所有者でもあった。1855年、ローザン・セグラは第一級シャトーであるラフィット・ロートシルト、ラトゥール、マルゴー、オー=ブリオンの4大シャトーと、2級シャトーのトップクラスであるムートン・ロートシルトに次ぐ、ボルドーの最高ワインとされた。1973年にムートン・ロートシルトは一級に昇格し、今やローザン・セグラは残る14の2級シャトーの最高位に位置する。1960年代、1970年代に生産されたワインがその地位に値するとはとても思えないが、当時の凡庸な品質は1983年のヴィンテージから劇的に変化した。  降り返ると、1983年以前のワインががっかりするのもであったのには、いくつかの正当な理由があるようだ。まず、多くのヴィンテージがカビ臭い、湿った、納屋の前庭のようなアロマに侵されており、これはワインの発酵に用いられていた古い木の発酵槽についた細菌のせいだと思われる。1980年代にステンレス製に変えられた。第二に、1956年の猛烈な霜の害の後で、当時の所有者、メロン氏は大々的に畑を植え替えた。その大部分が、結実性のよいメルロのクローンだった。1960年代、1970年代につくられたワインの多くにはブドウの樹齢の若さが反映されたばかりでなく、クローンの選択のまずさも出てしまっている。植えられたブドウは根株を掘り起こされ、カベルネ・ソーヴィニョンやもっと品質の高いメルロに替えられた。最後に、ローザン=セグラがボルドーの有名なネゴシアン、エシュノエを通じて独占的に売られたために、自由市場で売られるワインには当たり前の比較試飲が行われなかったこともある。独占的な売買契約を通してよりも、自由市場で売られる場合の方がはるかに品質向上が促されるのは明らかだ。  1983年以降は目覚しい改良が行われた。その年、アレクシス・リシーヌ・アンド・カンパニーの元社長、ジャック・テオがローザン・セグラの管理を引き継いだ。さらに、プルゾー氏が病気のジョワイヨ氏の後任として醸造責任者の地位に就いた。新しいシェ(ワイン蔵)の建設と、ステンレスの発酵槽を増設といったワイン製造施設の改良、新樽使用比率の増加、さらに最良のブドウだけをワインにするというテオの厳しい選抜方針により、ローザン・セグラの輝かしいワインが次々と生まれたのである。最近のワインの品質を見れば、確かにこのシャトーはボルドーのスーパーセカンドの上位グループに入る。1983年以来、ローザン・セグラのしてきたことで間違っていたことが1つだけある。ジャック・テオがボルドーの1987年ヴィンテージは期待を裏切る出来だと宣言し、ボルドーの仲間達を不愉快にさせた。そして、ローザン・セグラは主要なメドック格付けシャトーの中で、ある特定のヴィンテージ(すなわち1987年)を生産しない、何十年来で初めてのシャトーになった。1994年にはヴェルトハイマー家所有のオートクチュール、【シャネル】がローザン・セグラを買収した。  ここのワインは手に入れる価値のある華麗なものだ。価格の方はこの由緒あるブドウ園の新しい品質レベルにまだ追いついていない。所有者が最近代わったことで、ローザン・セグラがすばらしいワインを生産し続けるという一般的な見方はさらに強まるだろう。ただし、ここのワインは、そのタンニン量の多さからみて、熟成まで相当な忍耐と自制心もまた必要とする。 一般的な評価  1960年代から1980年代初めにかけてずっと出来がよくなかったにもかかわらず、ローザン・セグラは常にすばらしい潜在能力があると称賛されてきた。1980年代初め、このシャトーは完全に復活を遂げた。それから10年の間に生み出した卓越したワインが、それを証明している。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:51ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6500~1万本/ha 平均収量:40~45hl/ha 育成:6~8日間の発酵と10~14日間のマセレーションは温度調節されたステンレス槽で行う。ポンピングオーバーは1日2回行う。 熟成は新樽65%で18~20ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。卵白で清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン54%、メルロー41%、プティ・ヴェルド4%、カベルネ・フラン1% シャトーローザンガシー 1999 Chateau Rauzan Gassies 1999 赤 ワイン 人気定番,得価

シャトーボーセジュールベコ 1995 Chateau Beausejour Becot 1995 赤 ワイン 本物保証,品質保証

多くのシャトーがひしめくサン・テミリオンにおいて、最高格付け第1特別級Aには2つの偉大なシャトーが君臨します。そして次に第1特別級Bも12シャトーとわずかばかりが格付けされています。さらにその下の特別級に46シャトー、特級に多数。そして格付けが与えられないシャトーが何百件とあります。 ボーセジュール・ベコ は、第1特別級Bに輝くわずか12シャトーの内の一つです。シャトー・ボーセジュール・ベコのワインは、出来上がった直後からその強い樽香で人々を魅了します。そして収穫年に左右されない、安定したワイン造りには定評があります。その安定性は、ボルドー全域でも最高レベルです。 このシャトーは、一般に評価されているレベルをはるかに超えていると思います。第1特別級Bの中でも、筆頭シャトーです。 ワインは熟成を経ると、熟したブドウが醸し出す心地よさとトリュフやスパイスのブーケが自然に出てきます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区第1特別級B●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン24%、カベルネ・ソーヴィニョン6%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOCポムロル】 【AOCポムロール】【シャトー ボー セジュール ベコ】【ボー セジュール ベコ】【サンテミリオン AOC 】【サンテミリオン 特別級】【ボーセジュール ベコ】【サンテミリオン グラン・クリュ】【サン・テミリオン AOC】【AOC サン・テミリオン】【AOC サンテミリオン】【ボーセジュール】【ボー セジュール】【サンテミリオン プルミエ グラン クリュ クラッセ】【赤 フルボディ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beau-Sejour Becot シャトー・ボー・セジュール・ベコ 格付け改定で再昇格されている名門シャトー! ル・クラスマンのコメントでは、「シャトー ボー セジュール ベコのワインは、出来上がった直後からその強い樽香で人々を恍惚とさせる。このシャトーは現在一般に評価されているレベルをはるかに超えており、威信も獲得しつつある。 ワインは熟成を経ると、よく熟したブドウが醸し出す心地良さとトリュフやスパイスのブーケが自然に出てくる。」 と高評価! 1870年にCh.ボー・セジュールという1つのシャトーから分割され1971年に今の名称Ch.ボー・セジュール・ベコになりました。 1855年の格付けからプルミエ・グランクリュ・クラッセ(第一特別級)であったが、1970年代からの積極的な買収等のトラブルが理由で1985年の格付け改正の際に、なんとこの伝統的なシャトーがグランクリュ・クラッセに格下げ。当然、降格したとたん今までの人気は下がる一方。 そのことを非常に残念に思い、もう一度かつての名声を取り戻そうと奮起したのが、オーナーのドミニク・べコです。彼はぶどう栽培から醸造にいたるまで、一からやり直すことを考え、全てを一身し、新しくコンサルタントにメルロの魔術師といわれる、ミッシェル・ロランを招きました。 彼はまずサン・テミリオンの最も高台にあるこの畑の収穫を制限。熟成の際の新樽の比率をほぼ100%まで引き上げ、それに負けないより濃縮の高いワインを造りだしました。そして仕上げの際には、ぶどう本来の風味がワインに溶け込むよう清澄も濾過も一切せずにボトリング。 その結果、1996年の格付けでプルミエ・グランクリュ・クラッセ(第一特別級B)に返り咲きました。現在ではペイノー博士の醸造監督により厚みのある力強さを秘めた、コクのあるワインを作り出しています。現在、サン・テミリオンで最も注目を集めているのがこのシャトー。価格が上昇する前にストックを持っておきたい。高品質なのに以外とお買得。買って損の無いワインである。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボー=セジュール・ベコの品質は、1980年半ば以降大幅に向上した。皮肉なことに、ボー=セジュール・ベコは1985年におけるサン=テミリオン・ワインの格付けでは格下げされたのであるが、1996年の格付けで第一特別級に返り咲いた。畑は、石灰岩の丘の上の立地のよい場所にあり、リッチで、フルボディで、しなやかで肉づきのよいワインを生み出している。なるほど、非常によく熟したブドウを収穫し、新樽をたくさん使い、瓶詰めするといった決定が自然と功を奏したらしく、このワインに噛みごたえのある舌触りと、芳醇さと享楽的な魅力を与えている。このシャトーのコンサルタントを務めるエノロジストは、リブルヌの著名なミシェル・ロランである。 一般的な評価  ボー=セジュール・ベコは1996年のサン=テミリオンの格付けで、プルミエ・グラン・クリュの地位に返り咲いた(1986年に格下げされていた)。それ以来、ここのワインは印象的である(とりわけ1980年代半ば以降)。このワインのけばけばしく、度が過ぎたスタイルを非難する人もいるだろう。しかし、ワインが楽しみのための飲物であるなら、ボー=セジュール・ベコは、期待に沿うのもだ。 平均年間生産量:7万本 畑 面積:16.5ha 平均樹齢:35年 植樹密度:6600本/ha 平均収量:37hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で28~30日間。 マロラクティックと18ヶ月の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン24%、カベルネ・ソーヴィニョン6% 所有者:ジェラール&ドミニク・ベコ シャトーボーセジュールベコ 1995 Chateau Beausejour Becot 1995 赤 ワイン 本物保証,品質保証

シャトートロタノワ 1993 AOCポムロール Chateau Trotanoy 1993 AOC Pomerol 赤 ワイン 人気SALE,送料無料

Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ 格調高いポムロルを代表する優良シャトー。甘美なアロマ溢れる優雅なスタイル。年産わずか2,500ケース。ボルドー最高峰ワインの誉れ高いあのペトリュスと同経営で、ペトリュスに次ぐと言われる大人気ワイン!  【シャトー・トロタノワ】は、ポムロール地区で別格のトップシャトー、シャトー・ペトリュスと同様ムエックス社の所有で、ほぼペトリュスと同様に造られています。 ポムロール中央台地の西斜面に位置し、わずか7.2haの小さな敷地に畑があります。砂利と厚い粘土の混じった土壌 で、乾燥した夏には非常に固くなりぎっしりと目が詰まることから、「固すぎて耕せない」の意、フランス語で【tropennuyeux】がシャトー名の由来 となっています。 ブドウの平均樹齢は35年と比較的古く、収量はメドックの第一級格付けシャトー以上の39hl/haに抑えられワインが造られます。 ほとんどペトリュスと同様に造られますが、違う点としてペトリュスがメルロの比率が95%に対し、トロタノワが90%。また、トロタノワが毎年新樽を33~50%使用している ことだけなのです。トロタノワがいかに高品質であるか理解できます! 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインを生産。熟成の頂点に至るまで、大抵10年はセラーで寝かせる必要ありました。その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩まで近づいたヴィンテージもあったほどです。ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛たるワインを産するという素晴らしい実績を持っています。 素晴らしい深いガーネットの色合い。ジャムやコンポートのプラム、ブラックベリーの濃厚な香りに、モカ、シガーのニュアンスのあるチェリーのアロマ。腐葉土、芍薬、西洋杉、甘草などのニュアンスが感じられます。円熟した滑らかな口当たりに、豊潤かつエレガントな口当たりに凝縮感に満ちた甘い果実の上品さをともなう余韻が長く続きます。甘美で、見事なバランスを備えており、その品格を飲み手に訴えかけてくるような優雅なワインです。 ムエックス社が造りだす、美しく熟成を重ねた1本。貴重なバックヴィンテージを是非ご堪能ください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ90%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOCポムロル】 【AOCポムロール】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ Chateau Trotanoy AOC Pomerol シャトー・トロタノワ AOCポムロール『近年見事な復活を遂げ、連続して上質なワインを生み出し続け、畑の立地は格別で、大成功を収めたトロタノワは、同廐のペトリュスと楽に肩を並べる出来である。品質の面でも、このアペラシオンのスター級のシャトーと同等のレベルになった。』とロバート・パーカー氏も高評価!シャトー・ペトリュスと同じ造り手!(J.P.ムエックス)であり、しかもペトリュスの近くロバート・パーカー氏は満点5ッ星★★★★★生産者に挙げる! ヒュー ジョンソン氏も 「潜在的に同じ運営になるペトリュス Petrus に次ぐものとなるポムロルのワイン。面積はわずか11haだが最良の状態のワインは芳香にみち、肉づきがよく、壮麗なもの。ムエックス社の支配下に復活をとげている。」★★★★4つ星評価と高評価!! ヴィンテージによってはペトリュスの好敵手になり得る、ポムロールの偉大なるワイン!!  シャトー・トロタノワは、ペトリュスの部分的オーナーであるムエックスファミリーによって1953年に獲得された、ポムロール西斜面の頂上に存在する由緒あるシャトー です。両ワインとも、共通のチームによって全く同じ製法で醸造されており、新樽使用率以外はペトリュスとほぼ同一と言って良いほど、品質はお墨付きです!! 年間生産量はわずか2500ケースながら、世界中のワイン通が所望してやまない偉大なるワインです!! ロバート・パーカーJr 『BORDEAUX ボルドー 第3版』  歴史的に、トロタノワはポムロルだけでなく、ボルドー全域でも最も偉大なワインのひとつである。1976年以降、トロタノワのワインはメドックの格付け第二級に匹敵する品質である。1976年以前のヴィンテージでも、第一級に優るとも劣らない深遠なワインも多々あった。 トロタノワは1953年以降、ジャン・ピエール・ムエックス社の所有となっているが、このシャトーは人目にはつきにくい(ジャン・ジャック・ムエックスの住まいである)。   このささやかなシャトーのブドウ畑は、粘土と砂礫(されき)の土壌で、ポムロルの教会とカテュソー村の間、ペトリュスの西1km に位置している。このワインは毎年、66%の新樽が使われることを除いてはペトリュスとまったく同じ方法で醸造され、取り扱われている。 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインで、熟成の頂点に至るまでたいていたっぷり10年はセラーで寝かせる必要があった。いくつかのヴィンテージでは、その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩と近づいた。  ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛(けんらん)たるワインを産するというすばらしい実績を持っている。1967年、1972年、1974年のヴィンテージでは、トロタノワはボルドー全域でベスト2、ベスト3に食い込む成果をあげた。1970年代後半は、スタイルが一時軽めになった。その後、並外れてふくよかで芳醇で、退廃的な1982年をつくり出して、また重々しい形に戻ろうとしているようにも見えたのだが、その後、1995年まではスリリングというよりもむしろ良好なワインの連続であった。トロタノワの微小な畑にとっては大がかりな植え替えが行われ、若い木からとれたブドウがブレンドされるようになっていることは間違いない。理由は何にしろ、トロタノワはもはやポムロルで上位3~4番までに入るワインのひとつであるとは思えない。  1980年代では(1982年のヴィンテージを除いて)クリネ、レグリーズ・クリネ、ヴィユー・シャトー・セルタン、ル・パン、ラフルール、ラ・フルール・ドゥ・ゲ、レヴァンジル、ラ・コンセイヤントの各シャトーに追い越され、特定のヴィンテージではボン・パストゥールにも凌駕(りようが)された。だが、クリスティアン・ムエックスとそのスタッフの能力と才能をもってすれば、この状況は今にも変わっていくだろう。  最近のヴィンテージはどれも非常によくなっており、1995年などはセンセーショナルな出来栄えだ。 トロタノワは、世界中のワイン通に高い評価を得ており、高価ではある。しかし、ペトリュスの半額以上の値段で売られることはほとんどない。これは覚えておいて損のない事実だ。(ヴィンテージによっては)偉大なペトリュスに偶然似ているというだけではないワインなのだから。 セカンドラベル:なし 畑の面積:7.5ha 平均樹齢:28年 植樹密度:5,500本 平均収量: 35~45hl 平均生産量:3,500ケース 土壌:砂利と粘土 酵母の添加:野性酵母 育成:マセラシオンの期間:21~25日、発酵の温度は27~30度で行う。 発酵のコントロールは自動温度調節機能付きタンク。 発酵槽のタイプはオーク樽を使用。 毎年新樽を33%~50%使用し、樽熟の長さは20~24ケ月行います。 フィルターの使用は壜詰めの前に軽くかけるます。 ブドウ品種:メルロー90%、カベルネ・フラン10% シャトートロタノワ 1993 AOCポムロール Chateau Trotanoy 1993 AOC Pomerol 赤 ワイン 人気SALE,送料無料

ラダムドモンローズ 2009 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2009 赤 ワイン 赤字超特価,最新作

Chateau Montrose シャトー・モンローズボルドー格付け2級の由緒あるシャトー。 近年世界的に評価が高まっており、日本に入ってくる本数も2003年物以降めっきり少なくなってしまいました。オーナーが変わった2006年からは、元オー・ブリオンの醸造長だったデルマス氏が醸造責任者となっています。  2009年のファーストはパーカーさんが100点を付けておりますが、セカンドのこのワインも91-93点という非常に高い点が付いております。 深く、濃い色合いで、若干閉じ気味ながらカシス、トリュフや土の香りなどが複雑に拡がります。 このヴィンテージに関してはメルロの比率が非常に高く、カベルネ・ソービニョンがほんの少しだけブレンドされており、ジューシーで豊潤なベリー系の果実味、キメ細やかでシルキーなタンニン、穏やかな酸が非常に高いレベルで調和しています。 少し早目に抜栓すれば、現時点でも十分楽しめる味わいで、なおかつ10年以上の熟成ポテンシャルも感じられます。 値段を考えると非常にコストパフォーマンスに優れた1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック / メドック格付第2級 / セカンド・ラベル ●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%  ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC サンテステフ 格付】 【フランス ボルドー メドック 格付】 【シャトー モンローズ】 【ジャン ルイ シャルモリュ】 【フランス [2008]年 】 【ボルドー [2008]年 】 【メドック [2008]年 】【メドック 格付 [2008]年】 【サンテステフ 格付 [2008]年】 【プリムールもの 】 【マルタン ブイグ家 】 【サンテステフ 】【シロトー モンローズ 】【フランス 赤 辛口 】【メドック グラン クリュ クラッセ 】【メドック格付】【ジャン ルイ シャルモリュ 】 【サンテステフ格付 】【】 Chateau Montrose シャトー・モンローズ Chateau Montrose メドック格付第2級 AOCサンテステフ シャトー・モンローズ AOC Saint-Estephe Grand Cru Classe 「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれる力強さを秘めたワイン!ボルドーの格付け2級サン・テステフ村の由緒あるシャトー『シャトー.モンローズ』。 同じ村で同格付けの『シャトー・コス・デストゥールネル』の良きライバル。ロバート・パーカー氏は満点★★★★★5ッ星生産者「モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付シャトーであろう。最近のヴィンテージはいちばんのライバルであるコス・デス・トゥルネルとカロン・セギュールをしのいでいる。カロン・セギュールの品質が向上しているにもかかわらずだ。」と高評価! メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられました。  畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。   ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」といいます。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えます。 【シャトー・ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、1986年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。  年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。是非、オールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVBの会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。  シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルローが多くブレンドされるようになったのである。しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。  モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サンテステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインの中に数えられる。  サン・テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1986年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。 平均年間生産量:34万本 畑 面積:68ha 平均樹齢:33年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。醸造法は伝統的なもの。発酵は21~25日間。木の発酵槽とステンレス鋼の発酵槽を生み合わせて使用。最高温度は30~32℃。 できる限りの色とタンニンを抽出するため、もろみの循環作業(ルモンタージュ)は頻繁に行われている。 熟成はオーク樽で19ヵ月間。新樽は35%。卵白で清澄処理され、澱引きは6回。瓶詰め前の濾過処理はない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10% ラダムドモンローズ 2009 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2009 赤 ワイン 赤字超特価,最新作

シャトーオーブリオン 2004 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 2004 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 100%新品,

Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオンメドック格付け第一級!五大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオン。そして五大シャトーの中でも最もエレガントで他にない複雑なアロマで世界のワインファンを魅了するワインです。  五大シャトーの中で唯一グラーヴ地区から選ばれた【シャトー・オー・ブリオン】。ボディは厚く、タイトで、ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。またメルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。  500年以上も続くオー・ブリオンの歴史のその最初の記録は、 イングランド王【チャールズ2世】のワインセラーの元帳で見つかり、1660年から1661年の間に、169本のオー・ブリオンが王の宮廷に収められていました。1935年にアメリカの有名な財界人【クラレンス・ディロン氏】が買い取り、現在は、そのディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国【ロベール皇太子殿下】が受け継いでいます。  ブドウの平均年齢は35年、最も古い区画では1930年代、1ヘクタールにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。  収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱い、チームが個々のブドウを熟知できるようにしています。オークの新樽100%(専用の樽作製場を所持している)で、ヴィンテージの持久力と力強さに応じて22〜26ヵ月間寝かせます。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造り。  味わいの面では、年々様々な変遷を遂げてきました。1950年代から1960年代はじめにかけては現在と似たとびきりリッチで、土っぽく、甘いスタイル。1966年から1974年の間には、より軽く、穏やかな、いくらか単純なスタイルの赤ワインに変わってしまい、少し低迷を見せていましたが、1975年のヴィンテージからは、1966年以前に備わっていた土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻し、まぎれもなく一級シャトーにふさわしいワインを現在まで造り続けています。  香りの面では、「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」 、と言われるほど香り高いワインとして有名です。特徴はスモーキーで、ミネラル、葉巻や甘いカシスを感じる香り。 「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 (『ボルドー第4版』より)とロバート・パーカーも賞賛しています。  赤いベリーやブラックベリー、スモーキーなアロマ。カシスジャムのような濃縮感。トースト、ミネラル、鉛筆の芯、甘草、スパイス、ミルクチョコレートなど様々なニュアンスが感じられ複雑な印象。酸は控えめながら果実味のエキス分、グリセリンのレベル全ての要素において偉大で並はずれた品質を誇ります。味わい深い魅惑的なワインです。その豊潤で官能的な味わいにしばし酔いしれることでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / グラーヴ地区 ※赤ワイン:メドック地区・格付け第一級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グレーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【オーブリオン】 【オー・ブリオン】 【オー・ブリヨン】 【オーブリヨン】 【オー ブリヨン】 【シャトー オー ブリオン】 【グラーヴ 格付】 【ロバート パーカー】 【ル クラスマン】 【シャトー オーブリオン】 【オー・ブリオン】【オー・ブリヨン】【オーブリオン】【クリュ クラッセ グラーヴ】【シャトー オー ブリオン】【ボルドー グラーヴ】【AOC Pessac- Leognan】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーオーブリオン 2004 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 2004 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 100%新品,

シャトーカルボニュールージュ 1998 Chateau Carbonnieux Rouge 1998 赤 ワイン SALE,定番

この歴史のあるシャトーも赤白共にグラーブの格付けを受けていますが、一般的に白ワインの方が人気・実力共に優っています。シャトーの所有する畑は、赤用も白用もグラーブで最大規模の面積を誇り、生産量も多い為人気の割にはいまだに控えめな価格で手に入る事も魅力です。また、赤白共に比較的早く飲み頃を迎えますが、白ワインにおいては偉大なヴィンテージには非常に長命なワインとなります。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ペッサック・レオニャン地区レオニャン村 ※赤・白:Crus Classe des Graves●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ30%、カベルネ・フラン7%、マルベック2%、プティ・ヴェルド1%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【シャトー カルボニュ】 【シャトー カルボーニュ】 【シャトーカルボニュー】 【AOC グラーヴ】 【グラーヴ グランクリュ クラッセ】 【フランス 白】【赤 辛口 ぺサック レオニャン】【ボルドー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・カルボーニュ Chateau Carbonnieux Chateau Carbonnieux シャトー・カルボニュー高品質で安定したワインを造り出すグラーヴの格付けシャトー! 長い歴史を持つシャトー  【シャトー・カルボニュー】は百年戦争の最中に誕生しました。当時は城塞の役目を果たしていたという歴史あるシャトーだが、19世紀の後半にフィロキセラによる被害を受けた頃から、長い苦悩の時代が始まりました。フィロキセラの被害が治まるやいなや、20世紀初頭のフランスでは過剰生産となり、1929年の経済ショックに陥いります。二度の世界大戦の間はブドウ畑を手入れする余裕など無かった為に、他のボルドーの畑と同様、戦後しばらくは苦しい時期を過ごしました。50年代の初めには、管理が行き届かずにまばらとなったブドウ畑は、2世紀前には60haあったものが、わずか29haにまで減少していました。第一次大戦以来、シャトーの建物には人が住まない状態が続き、すっかり荒廃していたのです。 1970年代の復活への序章  まだワインの売れ行きが悪い時期でしたが、1956年、ぺラン家がシャトー・カルボニューを購入しました。現在、同家は【ル・サルトル】【トゥール・レオニャン】【ボア・マルタン】【ラフォン・ムノー】【オー・ヴィニョー】の所有者にもなっています。シャトー購入当初も決して経営が楽だった訳ではありません。初めて迎えた1956年の冬には気温がマイナス20度にまで下がり、壊滅的な打撃を受けました。翌年からブドウの木の植え替えを始め、ようやく軌道に乗り始めたのは1962年からでした。しかし、市場は飽和状態で、売れ行きが思わしくない日々が続来ました。  ようやく明るい兆しが見え始めたのは、1970年代に入ってからのことでした。徐々に経済が復興し、ワインの消費量も増加傾向となったのだ。1980年頃にはようやく経営も安定し、その後の10年間で、新しい畑に適した基礎構造が作られ、新しい発酵タンクの取り付けを行うなど、着実に前進を続けています。  ボルドー市街地からほど近くに位置しているシャトー・カルボニューは、グラーブ地区の中でも最も規模の大きなシャトーとして、また景観の美しいシャトーとして知られています。日本でも知名度が高く、巡礼者のシンボルの「帆立貝」をモチーフにしたラベルは、ワイン愛好家の方にはお馴染みかもしれません。  シャトー・カルボニューは、13世紀からの長い歴史を持ちますが、古くから瑞々しく、ドライな口当たりの白ワインを作り出すことで知られていました。一時、低迷していた時期もありましたが、1980年代半ばに、白ワインの醸造で有名なボルドー大学のデュブルデュー博士が醸造を担当し、以前にも増して素晴らしい白ワインを作り出すようになりました。  また、最近では赤ワインの生産にも力を入れてきており、生産量の半分程度を占めるようになりました。新しい醸造設備を整えてきているため、目覚しい勢いで品質が向上してきているのですが、やはりまだ白ワインと比べると市場の評価は低めです。 お手頃な価格のバランスが良いワインをお探しの方にはオススメできる1本です!! ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  カルボーニュはグラーブでも最大規模のシャトーの1つである。1980年代の半ばまでは、ペサック=レオニャンにあるほかの多くのシャトーと同様のパターンに陥っていた。すなわち、白ワインは、おいしくできることが多いが、赤ワインは無味乾燥で軽く、個性がなかったのである。1980年代半ば以降はよくなり、白ワインはいっそう高品質となる一方、赤も、おいしくてエレガントでしなやかな、出来の良いワインとなってきた。 ここは、歴史的な重要性はもとより、この地域で最も風光明媚なシャトーである。その歴史は13世紀にまでさかのぼることができるが、現代のカルボニューの歴史は、1956年にマルク・ペランがこのシャトーを買ったときに始まったと言える。現在では息子のアントニがワインづくりを監督している。アントニ・ペランが、1980年代半ばに高名なドニ・デュブルデューを雇い入れた結果、白ワインにいっそうの芳香と凝縮味がもたらされたのだ。さらに、赤ワインも深みと強烈さを大幅に増している。  赤も白も、カルボーニュのほとんどのヴィンテージのワインは、7年から10年のうちに飲むべきである。白ワインのなかには、20年ないしは30年寝かせられる可能性を秘めたものもある。  ヴォルネー的性格を持った、とてもブルゴーニュ風のワインであるカルボーニュの赤は1985年以降、非常によくなっており、現在その格付けに見合っていると言える。時折、いささか軽さが感じられることもあるが、それは控えめではあるが上品でエレガント、しなやかでおいしいこのワインの様式である。長命なワインを探している消費者は敬遠すべきワインであるが、フルーティで骨の髄までエレガントなグラーブの愛好家なら、ほとんどのヴィンテージで満足を得られるだろう。価格はいまだに適正である。白ワインについては、常に秀逸であり、ヴィンテージによっては非常に長熟である。 <赤> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:45ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と21日間のマセレーションは温度管理されたステンレス槽で行う。熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で18ヶ月。清澄も濾過も行う。 <白> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:42ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と10ヶ月の澱熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。清澄も濾過も行う。 シャトーカルボニュールージュ 1998 Chateau Carbonnieux Rouge 1998 赤 ワイン SALE,定番

シャトーパヴィマカン 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Pavie Macquin 1990 AOC Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新品,安い

サン・テミリオンの中でも「コート・パヴィ」と呼ばれる小高い丘の上にある畑の、樹齢の高い古木から造られるここのワインは、非常に果実味とタンニンが豊かな凝縮感のあるスタイル。 一時期低迷していた事もありますが、1980年代後半に畑の管理を“ル・パン”で有名なニコラ・ティアンポンにまかせ、醸造をミシェル・ロランとステファン・デュルノンクールに託した事で完全に一変しました。 今では世界中で争奪戦が繰りひろげられるほどの人気シャトーとなっています。        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニョン5%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【サンテミリオン AOC】 【AOC サン・テミリオン】 【AOC サンテミリオン】 【ニコラ ティエンポン】 【ステファン ドルノンクール】 【ステファヌ ドゥルノンクール】 【ミシェル ロラン】 【パヴィ マカン】 【サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンミリオン 特別級】【マッカン】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【サンテミリオン プルミエ・クリュ・クラッセ 】【サンテミリオン 赤 辛口 】【サンテミリオン第一特別級 】【ティエポン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pavie Macquin シャトー・パヴィ・マカン  ロバート・パーカー氏に「有機栽培を行うこのシャトーは現在サンテミリオンのスターのひとつとなっている」と言わしめた大人気スーパーサンテミリオン特別級、限定数量ワイン!! 偉大な再興を成し遂げた人物!! シャトー・パヴィ・マカンの歴史は、【アルベール・マカン(1852年~1911年)】を抜きには語れません。彼は、19世紀末にボルドーをフィロキセラ被害が襲った際に、サンテミリオンのブドウ畑に接木する方法を考案したことで知られています。シャトー名にその名前を残しています。 【ヘンリ・アンジャルベール】は、 「30年以上にもわたりサンテミリオンの畑を甦らせた、復興の偉大な指導者であるアルベール・マカンを目に浮かべてみるべきだ。」 と記しています。 現在の所有者は、彼の孫のべノワ・コレ、ブルーノ・コレとマリー・ジャック・シャーパンィエとその子供たちです。彼らはこの高名な先代の遺志を継ぎ、素晴らしい畑に心から愛着を示しています。自然の摂理を尊重した「実験研究所」「サンテミリオンの丘」の頂上に位置しています。 畑の素晴らしい資質が認識され、高級ワインを生み出そうという気概が強まったのは、1986年、マリーズ・バレーがやってきてからのとなります。マリーズ・バレーは、その熱意と固い信念をもってブドウ畑の復興に大きな貢献をしました。 続いて1994年には、ニコラ・ティアンポンに管理が任され、ステファン・ドルノン・クールがその補佐を行うようになる。ステファン・ドルノン・クールは、自然の摂理を尊重し、力強い伝統に基づいた栽培醸造の研究と考察を行い、まさにシャトー・パヴィ・マカンは実験研究所となります。“新しいワインを作り出すこと”よりも、“畑を再生し、過去数十年の間に隠れていた本質を見出すこと”という点に主眼を置き、運営が行われています。 2006年に見直しが行われたサンテミリオンの格付けで「プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ(第1特別級B)」へと昇格し、近年、評価が急上昇!! ちなみに、すぐ近くに似たような名前の【パヴィ】がありますが、こちらとは関係ありません。 「サンテミリオンの丘」の頂上に位置しており、畑の素晴らしさには疑いの余地も無かったのですが、ここ数年、急激に評価を高めてきているのには理由があります。 それは、1994年からニコラ・ティアンポンが管理を行い、ステファン・ドルノン・クールがその補佐を行うようになったため。 彼らはボルドーでも注目のコンビであり、自然の摂理を最大限に活かす「ビオディナミ農法(無農薬有機栽培)」を取り入れることで、シャトー・パヴィ・マカンのワインを一変させたのでした。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 パヴィ・マカンの名前はアルベール・マカンに由来する。アルベール・マカンは、ヨーロッパのブドウの木をアメリカ産の台木に接え木する当時一流の専門家だった。19世紀後半、フィロキセラがボルドーのブドウ畑の大半に多大な被害を与えた後、接え木は必要不可欠なものになっていた。ここの畑はよく「コート・パヴィ」という名で呼ばれる一帯にあり、より知名度の高いトロロン・モンドとパヴィの畑に隣接している。フォンガバン渓谷を見下ろすこの畑は、日照は非常に良好で、晴天が多く温暖な独特の微気候を持つ。1970年代及び1980年代のパヴィ・マカンのワインには失望させられることが多かったが、1990年、1989年、1988年のヴィンテージから品質は著しい飛躍を遂げた。その大きな理由は、コール家が(ヴィユー・シャトー・セルタンの)才気煥発のニコラ・ティアンポンを雇い入れ、シャトーの管理とブドウの栽培にあたらせたからだ。さらに、ワイン醸造とエルヴァージュのために新たにリブヌルのエノロジスト、ミシェル・ローランとステファヌ・ドルノンクールを起用したことで、この地の利に恵まれたサン=テミリオンの将来は、完全に一変した。有機栽培を行うこのシャトーは、現在サン=テミリオンのスターの1つとなっている。 一般的な評価 バイオダイナミック農法(ビオデナミ)によるパヴィ・マカンは過去10年間の大半にわたって、輝かしいワインを生み出してきた。このワインをサン=テミリオンのラフルールだと思う方もいるかもしれない。パヴィ・マカンは、古木の強烈さと、大柄で超絶的な濃縮感の備え、高いエキス分が感じられるスタイルであり、果実味とタンニンが豊かで、たっぷりとしたボディが一体化しており、長期間セラーで熟成させる特筆に値すべきワインの候補になっている。このワインは、享楽主義者がすぐに充足感を得るために探すものではないのは明らかで。しかしながら、たとえ、このワインを購入する人は賭けをする必要はないとはいえ、ヴィンテージによっては、危機的状況となる前兆を示す、攻撃的なレベルのタンニンが表れることがある点を指摘しておかなければならないだろう。 平均年間生産量:5万5,000本 畑 面積:15.2ha 平均樹齢:35年 植樹密度:6,000本/ha、平均収量:35~40hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは4~5週間。熟成は新樽60~80%で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニョン5% 所有者:コール=マカン シャトーパヴィマカン 1990 サンテミリオングランクリュクラッセ Chateau Pavie Macquin 1990 AOC Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン 新品,安い

シャトーペトリュス 1997 ACOポムロール Chateau Petrus 1997 AOC Pomerol 赤 ワイン 高品質,お買い得

Chateau Petrus シャトー・ペトリュス「ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。」 (『ボルドー第四版』)と、ロバート・パーカーが賞賛するように、ペトリュスは既にワインという領域を超越しています。  ポムロルの丘の中央にある粘土質の僅か11.4haのごく小さなブドウ畑から、この世で最も丁寧に扱われるワインが造られています。 このシャトーのテロワールは、世界でもここだけの深い粘土質土壌。更にメルロ本来の特徴を表現する驚くべき熱意。また、世界でもっとも優れた技術者がチームを組み、キメ細かな手入れと分析が行われています。  このポムロルの名声を築き上げた伝説人物【ジャン・ピエール・ムエックス氏】は、気品ある博識な人物であり、彼一人でペトリュスのみならず、ポムロルのすべてのワインの名声を築き上げました。1937年にリブルヌに会社を興し、この地域の偉大なワインのためにベルギーと北ヨーロッパに市場を開拓、この成功により、【トロタノワ】や【ラ・フルール・ペトリュス】、【マグダレーヌ】、そして、ペトリュス等の多くの良好な畑を次々と購入しました。  また【メルロの達人】と呼ばれた醸造家【ジャン・クロード・ベルーエ氏】を迎い入れ、ペトリュスの品質を孤高のものとし、世界で最も希少で高価なワインへと導きました。  その後ペトリュスは、ジャン・ピエール・ムエックス氏の息子たちに引き継がれ、兄ジャン・フランソワがオーナーとなり、弟のクリスチャンが社長として、経営と醸造を行っています。ブドウ栽培の管理とワイン醸造の責任を負っている弟のクリスチャン・ムエックス氏はナパ・ヴァレーのフラッグシップ・ワイナリーであるドミナスを所有しており、経営だけでなく優秀なワインメーカーとして、今ではカリスマ的存在になりました。  ペトリュスは現在でも兄弟二人で選果が行われており、その結果、5%植えているカベルネ・フランはほとんど用いられず、ほぼ毎年、メルロ100%でリリースされています。  例年、生産本数はわずか4,500ケース程度。 これらは瞬く間に世界の愛好家のセラーに収まってしまうため、ほとんど市場に出回りません。  さらにバックヴィンテージとなれば、もし手に入れられる機会があったのなら、それは本当に幸運なことです!!       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ主体、カベルネ・フラン●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポムロル】【ポムロル AOC】【ポムロール AOC】【シャトー ペトリュス】【ボルドー 高級ワイン】【ボルドー 最高峰】【フランス 辛口 赤 】【高級ボルドー 辛口 赤 】【ポムロール 辛口 赤 】【シャトー ペトリュス 】【AOC ポムロール 】【AOC ポムロル 】【ボルドー 高級 ワイン 】【ペトリュス】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Petrus シャトー・ペトリュス Chateau Petrus・AOC Pomerol シャトー・ペトリュス・ACOポムロール超入手困難!高級ボルドー赤ワイン・ポムロル地区最高峰!今や五大シャトーをも凌いで、世界で最も高値で取引されるワインの一つとなった「ポムロールの王」シャトー・ペトリュス。ワイン愛好家であれば、天国への鍵を手にした聖ペテロのラベルを見るだけでも興奮してしまう、それほど希少価値のある幻のワインなのです。 ペトリュスのは1889年、パリ博覧会で金賞に輝いたことから始りました。その名声が世界に広がったのは、【マダム・ルーバ】が単独オーナーになった20世紀半ばからです。彼女の力添えによりこのワインは注目され始め、やがてアメリカのケネディー、ロックフェラーといった名門ファミリーからも愛される、上流社会のステータスシンボル になりました。  右岸の無名ワインが、わずか100年の間に、歴史ある5大シャトーを凌いで最高価格のワイン になったのは、奇跡に近い事なのです。 【ポムロールの丘】の最上部にあるこの畑の土壌は、黒粘土という特殊な粘土が表土に出ている珍しいもので、この土こそがワインの真髄 なのです。メルロー種と絶妙の相性を見せ、肉厚でまろやかなワインを産みだします。熟成するほどに、トリュフや湿った土を思わせる官能的な香りが増していき、複雑な風味と微妙なニュアンスを持つようになります。しかも素晴らしい果実の濃縮感は、時間がたっても消えることなく、ジャムのような粘り気と呑みこまれるような力強い存在感には驚かされます。けれども滑らかな口当たりがこの上なく心地良く感じられるのです。  一般的には【メルローは柔らかい】と表現されますが、ペトリュスは最低でも10年、素晴らしいヴィンテージでは20~30年の熟成が必要 です。あまりのスケールの大きさに、まさに夢のような心地にうっとりします。星の数ほどのワインを飲んできた愛好家でも、口を揃えて「その強烈な印象は忘れられない」というほどのワインです。 ワイン愛好家ならば誰もが一度は飲んでみたいと思う、非常に希少な【シャトー・ペトリュス】をこの機会にぜひお試しください。 トリュスの名前の由来は  ペトリュスの名前の由来ははっきりとはしませんが、19世紀頃、当時のオーナーのアルノー家によって名付けられたとのこと。当時のラベルは【Chateau Petrus Arnaud】と書かれていました。当時は土地の名前、所有者の名前が付けられることが多く、その名前の意味は、17世紀頃のこの辺りの小部落の名前だったと考えられています。ラテン語であるペトリュスは、英語ではピーター(Peter)、フランス語ではピエール(Pierre)となり、【石】という意味があると同時に、キリストから天国への扉の鍵を渡された、十二使徒の長である聖ペテロという意味があります。ロバート・パーカーJr.ボルドー第4版より  ポムロールで最も名高いワインであるペトリュスは、この80年間でボルドーで最も有名で高価な赤ワインとなった。ポムロールの丘の中央にある一握りの粘土質の土地にある、このごく小さな11.4haのブドウ畑から、この世で最も丁重に、注意深く扱われるワインが生まれるのである。経営者クリスティアン・ムエックス(彼の兄のジャン=フランソワが実際の所有者である)自らが選別を行うが、その結果、たいていのペトリュスのヴィンテージは100%純粋なメルロということになる。  ペトリュスには途方もない数の伝説的なヴィンテージがあり、それがこのワインに成層圏まで達するような値がつく理由であることは間違いない。2000年、1998年、1990年、1989年、1975年、1971年、1970年、1964年、1961年、1950年、1948年、1947年、1945年、1929年、1921年は、私が今までに飲んだワインの中で最も記念碑的部類に入る。ペトリュスはワイン評論界の大半で神格化されるに至っているが、特に1976年以降のこのシャトーの実績を考慮すると、こう問わずにはいられない。「ペトリュスは、今でも昔と変わらない偉大なワインなのだろうか?」。1998年、1986年、1983年、1981年、1970年、1978年、1976年のようなヴィンテージには、ペトリュスがスランプに陥っていたことは間違いない。しかし、1989年のペトリュスは絶好調で、連続して輝かしいワインをつくり出している。 一般的な評価  ペトリュスは、ポムロールの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。世界で最も有名な赤ワインの1つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られていることを説明できる。十数年間の間(ムラがあった1970年代及び1980年代でさえ)、ペトリュスに太刀打ちできるポムロールのワインはなかった。しかし、最近は、大幅によくなった多くのポムロール産ワインとの厳しい競争に直面しなければならなくなっている。名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだにポムロールの王である。しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやそのほかのいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する。時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。しかしながら、ペトリュスは最上のポムロールが感じさせる以上のものを象徴している。ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 平均年間生産量:2万5000~3万本 畑 面積:11.4ha、平均樹齢:35年 植樹密度:6500本/ha、平均収量:36hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたコンクリートタンクで20~24日間。熟成はオークの新樽100%で20ヶ月。清澄するが、濾過はしない。 ブドウ品種:メルロー95%、カベルネ・フラン5% 所有者:SCシャトー・ペトリュス シャトーペトリュス 1997 ACOポムロール Chateau Petrus 1997 AOC Pomerol 赤 ワイン 高品質,お買い得

シャトーラフィットロートシルト 1986 Chateau Lafite Rothschild 1986 赤 ワイン 人気定番,爆買い

シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild5大シャトーの中でも最も繊細で優美!若いヴィンテージでも手に入り難い稀少なラフィット。 1855年の格付けが決定した際、1級シャトーのなかで筆頭格に選ばれたのがこの“ラフィット”!以来、No.1の地位は一度として揺らいだことはありません。  格付け制定から150年が経過した現在でも【ラフィット】は、ボルドーの真髄ともいえる偉大なワインを造り続けています。 【ルイ15世】、イギリス首相【サー・ロバート・ウォルポール】、アメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】などを虜にした、まさに『王のワイン』 です!  カベルネ・ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 区画毎の特徴を生かすために、ブドウは区画毎に別々のタンクで発酵が行われます。ワインのブレンドは3月に実施される初回の滓引き後に実施されます。その後、DBRの樽工房で造られたオーク樽に移され、所蔵庫で18~20ヶ月熟成。その間、定期的に滓引きが行われ、それぞれの樽に4~6個軽くといた卵白を加えて浮いている不純物を吸収し、樽の底に沈ませます。  優美で繊細、そして芳醇な味わいは、まさにメドック1級の風格。果実味、豊かな要素、しなやかであると同時にきめ細やかなタンニンが特長的です。長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 ラフィットを形容するとき「気品」という言葉なくしては語れません。優に10年は持つ(それくらい待つべき)と言われるラフィット。長期熟成を遂げたその姿はボルドーの真髄ともいえる究極のエレガンスを体現しています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2〜4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 83%、カベルネ・フラン4%、メルロ 13%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック 格付第1級 一級】 【AOC ポイヤック】 【シャトー ラフィット ロートシルト】【シャトー・ラフィット・ロスチャイルド】【シャトー ラフィット ロスチャイルド】【メドック グラン クリュ クラッセ】【ロスチャイルド】【ロスチルド】【ロートシルト】【格付1級】【格付一級】【ボルドー 赤 辛口】【メドック 赤 辛口】【ポイヤック 赤 辛口】【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ロスチャイルド】 シャトー・ラフィット・ロートシルト Chateau Lafite Rothschild Chateau Lafite Rothschild シャトー・ラフィット・ロートシルト メドック格付第一級の筆頭シャトー!『世界で無二のエレガントで天性のフィネスを誇るワイン』!シャトー・ラフィット・ロートシルト!! いま最も手に入らないシャトー!!“葡萄の王子”が発展の礎を築く!世界最高峰、エレガンスを極めた“比類ない”ワイン!! 『ラフィット』という名が聞かれるようになるのは、1234年、ポーイヤック北部のヴェルトゥイユ修道院長【ゴンボード・ド・ラフィット】の登場から。中世になって領土の名前として登場するのは14世紀に入ってからのこととなる。素晴らしいワインを造るシャトーとしての評判が高まったのは、17世紀、セギュール家が葡萄畑を作ってからのことだ。1716年、【ニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール侯爵】は、ラフィットの成功を確実なものにするため、ワイン造りの技術の改善に取り組む。 その成功により“葡萄の王子”と呼ばれるようになった。この頃のラフィットの名声は、特に海外とヴェルサイユ宮廷で顕著で、【ルイ15世】が嗜む【王のワイン】 として、誰もが欲するステータスシンボルのような存在となる。  ルイ15世の寵妃【ポンパドール夫人】の晩餐会にも供され、後の寵姫バリー夫人も【王のワイン】以外は飲まないとしたほどだった。また、その当時、ヴェルサイユ宮廷にアメリカ共和国大使として駐在していた、後のアメリカ合衆国大統領【トーマス・ジェファーソン】もラフィットを愛した一人だ。ボルドーワインの愛好家だったジェファーソンは、祖国でのワイン造りを思い立ち、ワインの研究を重ねました。 情報を集め、後に主要ワインとして4つのワインが選ばれたが、その一つが【シャトー・ラフィット】だったという。 常に高い評価は変わらず  革命などによって所有者は幾多の変遷があったが、常にラフィットの高い評価は変わらなかった。1815年、仲買業者のギョーム・ロートンが、メドック地区のワインの私的格付けを発表したのだが、当時からすでにリストの上位に位置し、「ラフィットを、3つの(一流ワイン)の中で、最も上質の葡萄を使った、最も優美で、繊細なワインと評価した」「メドック地区で一番優れたワイン」という評価をされている。  また、1868年のヴィンテージは、あらゆる意味で記録に残るものとなった。そのヴィンテージイヤーのワインの中で最高値がつき、1トノー(900リットル、225リットルの樽4個分)の値段が、当時の金額で「6,250フラン(現在の4,700ユーロ)」という高値をつけたのだ。この記録は、20世紀の終わりに破られたが、19世紀の最高値として今でも記録に残っている。 苦難の時代を見事に乗り切って  しかし、19世紀末~20世紀前半には、ラフィットは様々な苦難に襲われた。葡萄畑が「フィロキセラ(葡萄の根の寄生虫)」とカビが原因の「ウドン粉病」「ベド病」の被害に遭いました。さらに、産地を偽った組織的詐欺が急増し、主要ヴィンテージに被害を与えました。第一次世界大戦の勃発や世界大恐慌の発生も重なり、市場は底値が続き、ラフィットも前代未聞の経営危機を招いて葡萄畑の縮小に踏み切らざるを得ませんでした。後の第二次世界大戦には、メドック地区はドイツ軍に占領されるなど、苦難の時代が続きます。  戦後になって、エリー男爵の指揮の元でようやくシャトーの再生が手がけられ、荒廃した葡萄畑と施設を再生し、シャトーの管理体制の全面的な見直しも始まった。その後、運営を引き継いだエリック・ド・ロートシルト男爵によって、新たな名声が確かなものとなる。  エリック男爵は、素晴らしいワイン造りのための研究を行い、新しいテクニカルチームの人材を徐々に増やし、シャトーの運営に新しい空気を取り入れた。葡萄畑では、肥料の与え方の見直しや除草剤の限定使用によって、植え替えや再建作業が進められた。 醸造所では、オーク樽の横にステンレスタンクが設置され、2,200樽の収容能力を持つ熟成用の円形貯蔵庫が、カタロニア人建築家のリカルド・ボフィル監督のもとで建築された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーで最も有名なシャトーでありワインのラフィット・ロートシルトは、エレガントで小ぶりでシンプルなラベルとともに、その名は富や格式、歴史、敬意、そして特筆に値する長寿の代名詞となっている。しかし、1975年以降は毎年最高級のラフィットを生み出しているものの、1961年から1974年までの成績は、一級シャトーとしては驚くほど凡庸。あの頃のラフィットをテイスティングしたワイン評論家たちがなぜもっと異を唱えなかったのか、謎である。  シャトーの公式発表は決まって「当時は軽くてエレガントなスタイルだったため、ブラインド・テイスティングでは、もっと大柄で逞しいワインに負けたのだ」なのだが、その事情があったのは認めるにしてもである。ラフィットの凡庸さは1971年、1970年、1966年、1961年、1949年、1945年といった優良なヴィンテージにおいて際立っていた。驚くほど色がなく、適度にドライで、オークの樽香が過剰で、異常に酸が強かったのである。それどころか、1974年、1971年、1969年などは、まったくの失敗作であるのに、ラフィットの名をつけて高値で出荷された。  こうした事態が生じた理由をロートシルト家が明かすことはあるまいが、1975年以降は成功するようになったのだから、1960年代から1970年代前半にかけての問題は次のようなものだろう。  第一は、オーナーの不在。当時オーナーはパリに住んでいたのでたまにしか監督にやって来なかったのだが、1975年以降は熱心でこだわりのあるエリック・ド・ロートシルトのおかげで確かにラフィットの運営陣は勤勉になった。  第二に、ラフィットのワインは樽熟成が長すぎた。昔は往々にして最低でも32~36ヶ月は熟成させていたのだが、現在では最長でも20~30ヶ月である。この変更のおかげでフルーティさや新鮮さが増したのは間違いない。  第三に、現在の醸造スタッフのほうが、意識的にブドウの収穫を遅らせ、より熟したブドウから、より酸の弱いワインをつくろうとしている。選別プロセスが以前よりも厳しくなったのは間違いない。1980年代後半の豊作年では毎回収穫の半分を除去していたし、1990年以降はなんと収穫の60%以上を除外することも珍しいことだはなくなった。除去したワインはバルク売りしたり、セカンド用に格下げしている。最後に、ラフィット・ロートシルトは、瓶詰めにかける期間が短くなってきている。根拠のない報告ではあったものの、以前から言われてきたように「ラフィットは瓶詰めにだらだらと8~12ヶ月もかけることが多い」というのが本当なら、許容範囲を超えるほどのボトル・バリエーションが生じていたことだろう。今日では、すでてのワインが2~3週間で瓶詰めされている。  一昔前までの経緯はさておき、ラフィット・ロートシルトはいまや心動かされるワインを生み出している。品質の変化が明確になったのは1975年だが、シャルル・シュヴァリエが招集された1990年代半ばにはその変化がさらに顕著なものとなった。1981年以降のラフィット・ロートシルトは、2001年、2000年、1999年、1998年、1997年、1996年、1995年、1990年、1988年、1987年、1986年、1983年、1982年、1981年のような年に、メドックで最良のワインを産してきたと言ってもよいかもしれない。 一般的な評価  ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーの最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしていることだけのことである。  ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格でけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 平均年間生産量:21万本 畑 面積:100ha 平均樹齢:45年 密植度:7500本 平均収量:48hl/ha 育て方:発酵とマセレーションはステンレスと木製のタンクで18~24日間。 熟成はオークの新樽で16~20ヶ月。清澄は行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2% 所有者:バロン・ド・ロートシルト(ラフィット) シャトーラフィットロートシルト 1986 Chateau Lafite Rothschild 1986 赤 ワイン 人気定番,爆買い

シャトーカルボニュールージュ 1999 Chateau Carbonnieux Rouge 1999 赤 ワイン 高品質,お得

この歴史のあるシャトーも赤白共にグラーブの格付けを受けていますが、一般的に白ワインの方が人気・実力共に優っています。シャトーの所有する畑は、赤用も白用もグラーブで最大規模の面積を誇り、生産量も多い為人気の割にはいまだに控えめな価格で手に入る事も魅力です。また、赤白共に比較的早く飲み頃を迎えますが、白ワインにおいては偉大なヴィンテージには非常に長命なワインとなります。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ペッサック・レオニャン地区レオニャン村 ※赤・白:Crus Classe des Graves●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ30%、カベルネ・フラン7%、マルベック2%、プティ・ヴェルド1%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【シャトー カルボニュ】 【シャトー カルボーニュ】 【シャトーカルボニュー】 【AOC グラーヴ】 【グラーヴ グランクリュ クラッセ】 【フランス 白】【赤 辛口 ぺサック レオニャン】【ボルドー 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・カルボーニュ Chateau Carbonnieux Chateau Carbonnieux シャトー・カルボニュー高品質で安定したワインを造り出すグラーヴの格付けシャトー! 長い歴史を持つシャトー  【シャトー・カルボニュー】は百年戦争の最中に誕生しました。当時は城塞の役目を果たしていたという歴史あるシャトーだが、19世紀の後半にフィロキセラによる被害を受けた頃から、長い苦悩の時代が始まりました。フィロキセラの被害が治まるやいなや、20世紀初頭のフランスでは過剰生産となり、1929年の経済ショックに陥いります。二度の世界大戦の間はブドウ畑を手入れする余裕など無かった為に、他のボルドーの畑と同様、戦後しばらくは苦しい時期を過ごしました。50年代の初めには、管理が行き届かずにまばらとなったブドウ畑は、2世紀前には60haあったものが、わずか29haにまで減少していました。第一次大戦以来、シャトーの建物には人が住まない状態が続き、すっかり荒廃していたのです。 1970年代の復活への序章  まだワインの売れ行きが悪い時期でしたが、1956年、ぺラン家がシャトー・カルボニューを購入しました。現在、同家は【ル・サルトル】【トゥール・レオニャン】【ボア・マルタン】【ラフォン・ムノー】【オー・ヴィニョー】の所有者にもなっています。シャトー購入当初も決して経営が楽だった訳ではありません。初めて迎えた1956年の冬には気温がマイナス20度にまで下がり、壊滅的な打撃を受けました。翌年からブドウの木の植え替えを始め、ようやく軌道に乗り始めたのは1962年からでした。しかし、市場は飽和状態で、売れ行きが思わしくない日々が続来ました。  ようやく明るい兆しが見え始めたのは、1970年代に入ってからのことでした。徐々に経済が復興し、ワインの消費量も増加傾向となったのだ。1980年頃にはようやく経営も安定し、その後の10年間で、新しい畑に適した基礎構造が作られ、新しい発酵タンクの取り付けを行うなど、着実に前進を続けています。  ボルドー市街地からほど近くに位置しているシャトー・カルボニューは、グラーブ地区の中でも最も規模の大きなシャトーとして、また景観の美しいシャトーとして知られています。日本でも知名度が高く、巡礼者のシンボルの「帆立貝」をモチーフにしたラベルは、ワイン愛好家の方にはお馴染みかもしれません。  シャトー・カルボニューは、13世紀からの長い歴史を持ちますが、古くから瑞々しく、ドライな口当たりの白ワインを作り出すことで知られていました。一時、低迷していた時期もありましたが、1980年代半ばに、白ワインの醸造で有名なボルドー大学のデュブルデュー博士が醸造を担当し、以前にも増して素晴らしい白ワインを作り出すようになりました。  また、最近では赤ワインの生産にも力を入れてきており、生産量の半分程度を占めるようになりました。新しい醸造設備を整えてきているため、目覚しい勢いで品質が向上してきているのですが、やはりまだ白ワインと比べると市場の評価は低めです。 お手頃な価格のバランスが良いワインをお探しの方にはオススメできる1本です!! ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  カルボーニュはグラーブでも最大規模のシャトーの1つである。1980年代の半ばまでは、ペサック=レオニャンにあるほかの多くのシャトーと同様のパターンに陥っていた。すなわち、白ワインは、おいしくできることが多いが、赤ワインは無味乾燥で軽く、個性がなかったのである。1980年代半ば以降はよくなり、白ワインはいっそう高品質となる一方、赤も、おいしくてエレガントでしなやかな、出来の良いワインとなってきた。 ここは、歴史的な重要性はもとより、この地域で最も風光明媚なシャトーである。その歴史は13世紀にまでさかのぼることができるが、現代のカルボニューの歴史は、1956年にマルク・ペランがこのシャトーを買ったときに始まったと言える。現在では息子のアントニがワインづくりを監督している。アントニ・ペランが、1980年代半ばに高名なドニ・デュブルデューを雇い入れた結果、白ワインにいっそうの芳香と凝縮味がもたらされたのだ。さらに、赤ワインも深みと強烈さを大幅に増している。  赤も白も、カルボーニュのほとんどのヴィンテージのワインは、7年から10年のうちに飲むべきである。白ワインのなかには、20年ないしは30年寝かせられる可能性を秘めたものもある。  ヴォルネー的性格を持った、とてもブルゴーニュ風のワインであるカルボーニュの赤は1985年以降、非常によくなっており、現在その格付けに見合っていると言える。時折、いささか軽さが感じられることもあるが、それは控えめではあるが上品でエレガント、しなやかでおいしいこのワインの様式である。長命なワインを探している消費者は敬遠すべきワインであるが、フルーティで骨の髄までエレガントなグラーブの愛好家なら、ほとんどのヴィンテージで満足を得られるだろう。価格はいまだに適正である。白ワインについては、常に秀逸であり、ヴィンテージによっては非常に長熟である。 <赤> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:45ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と21日間のマセレーションは温度管理されたステンレス槽で行う。熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で18ヶ月。清澄も濾過も行う。 <白> 平均年間生産量:20万本 畑 面積:42ha 平均樹齢:40年 植樹密度:7,200本/ha 平均収量:50hl/ha 発酵と10ヶ月の澱熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。清澄も濾過も行う。 シャトーカルボニュールージュ 1999 Chateau Carbonnieux Rouge 1999 赤 ワイン 高品質,お得

シャトークレールミロン 1996 Chateau Clerc Milon 1996 赤 ワイン 最新作,本物保証

Chateau Clerc Milon シャトー・クレール・ミロンメドック格付け1級の【ムートン・ロートシルト】と同経営の5級シャトー。【シャトー・ムートン】と【シャトー・ラフィット】の間という非常に恵まれた立地にあるこのシャトーからは、非常にフルーティかつ深みのあるワインが造られています。  1級シャトー、ムートン・ロスチャイルドと同じオーナーであり、ムートン・ロスチャイルドとラフィット・ロスチャイルドの間という立地 で、1980年代から「格上げされるべき」と賞賛される秀逸なワインを生産しています。 クレール・ミロンやダルマイヤックはボルドー1級格付けシャトー・ムートン・ロスチャイルドと同じオーナーですが、ファミリーのなかでも最も外向的なワインといわれているのがクレール・ミロンです。 エチケットにはダンスをする若い男女が描かれており、結婚式を挙げたばかりのフィリップ・ロスチャイルド男爵夫妻だといわれています。彼らの娘が継いだシャトーがこのクレール・ミロン。ラベルには、若く幸せだった夫妻の姿が描かれています。 深みのあるルビー色をしており、プラム、なめし革、ハーブやスモーキーなニュアンス。豊かなボディーの中に果実味が詰まっており、豊富なタンニンと高いアルコール度数が特徴です。 偉大なるヴィンテージワインの持つ、複雑でリッチな余韻をぜひお楽しみください!        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区・ポイヤック村・第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン46%、メルロー35%、カベルネ・フラン15%、プティ・ヴェルド3%、カルムネール1%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ポイヤック】 【ポイヤック AOC】 【格付 メドック】 【メドック 格付】 【クレール ミロン】 【ムートン ロートシルト】 【バロンヌ ロートシルト】 【格付 第5級】 【五級格付】 【メドック 格付 第五級 】【格付第5級 】 Chateau Clerc Milon シャトー・クレール・ミロン Chateau Clerc-Milon シャトー・クレール・ミロンシャトー・ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間の好立地!ロバート・パーカー氏も「ポイヤックの最もフルーティで食欲をそそるワインの1つ。享楽的なワイン!必買品」と大絶賛するメドック格付けポイヤック第5級!ロバート・パーカー4つ星★★★★生産者! ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間というよい立地に恵まれている。1985年以降のワインは相当よくなってきており、1995年以降は一貫して秀逸なものとなっている。ポイヤックで最もフルティーで食欲をそそるワインの1つで、一般的外向的で、かなり早めに飲む必要があります。近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良のヴィンテージのものなら3級とまではいかなくとも4級に格上げされてもいいのではとの評価です。  1970年にムートンの故フィリップ男爵が買収して以来、醸造所やブドウ畑を改修し、一気に評判を高め、近年さらに品質が向上しています。 ラベルにまつわる物語  このワインのラベルには一組のダンスをする若い男女が描かれていて、これは結婚式を挙げたばかりの二人だといわれていますが、その楽しそうなラベルの裏には、悲しい愛の物語が秘められている事は、あまり知られていません。 ロートシルトとは、英語読みでロスチャイルド(大富豪一族)を意味します。このロートシルト家を若干20歳で継いだのがフィリップ男爵でした。フィリップ男爵は最愛の妻リリーと娘フィリピーヌに囲まれ、若いシャトー主として幸せに過ごしていました。  しかし、幸せもつかのま第二次世界大戦によって大きな不幸がフィリップにふりかかりました。ユダヤ系の大富豪であったロートシルト家はナチスドイツからの迫害を受けて、幸せだった一家は離散してしまします。フィリップは難を逃れてフランス軍に、妻リリーはゲシュタボに捕らえられてしまい、娘フィリピーヌは行方不明、ワイナリーも没収されてしまいました。  戦後父と娘は劇的な再会を果たしたのですが、妻リリーは収容所で悲惨な死をとげてしまっていました。フィリップ男爵の悲しみは深く、よほど妻リリーを愛していたのか中々立ち直れなかったそうです。そんな彼を救ったのは二度目の妻ポーリーでした。このポーリー夫人の多方面に渡る活躍でついに1973年に格付け第一級に昇格することが出来たのです。  一方、もう一つ所有していた畑では娘のフィリピーヌが大切にワインを造り続けていました。それが、シャトー・クレール・ミロンです。そして、このラベルに描かれている二人は結婚直後のフィリップと最初の妻リリーであると言われているのです。 楽しそうに二人が踊っているラベルの裏に、この様な悲しい物語を持つワイン、それがシャトー・クレール・ミロンなのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  フィリッピーヌ・ロートシルト男爵夫人の所有するもう1つのシャトー、クレール・ミロンは、1970年に買収された。シャトーの建物はないが、畑はムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトに隣接する絶好の位置にあり、また、今は稼動していないが静かなポイヤックの町の中心をなす石油精製所ともじかに接している。1985年までのワインはしばしば軽く、際立ったところもないものだったが、最近はみずみずしいフルティーな品質や、あり余る量の香ばしい新樽香のほか、昔より偉大な深みと、風味の広がりが出てきた。男爵夫人のほかのシャトー元詰めワインと比べると、クレール・ミロンは最も外向的で、若いうちから評価しやすいワインだ。最近のヴィンテージの品質から判断すると、過小評価されている。 一般的な評価  ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間というよい立地に恵まれている。1985年以降のワインは相当よくなってきており、1995年以降は一貫して秀逸なものとなっている。ポイヤックで最もフルティーで食欲をそそるワインの1つで、一般的外向的で、かなり早めに飲む必要がある。近年見せている品質レベルから判断すると、特に最良のヴィンテージのものなら三級とまではいかなくとも四級に格上げされてもよいだろう。必買品。 畑 面積:30.0ha 平均樹齢:51年 植樹密度:8450本/ha 平均収量:55hl/ha 育て方:発酵は21℃に温度管理されたステンレスタンクで15~22日間。 熟成は新樽約30%で16~18ヶ月。清澄と濾過については詳細不明。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン46%、メルロー35%、カベルネ・フラン15%、プティ・ヴェルド3%、カルムネール1% 所有者:GFAバロンヌ・フィリッピーヌ・ド・ロートシルト シャトークレールミロン 1996 Chateau Clerc Milon 1996 赤 ワイン 最新作,本物保証

パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 1997 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 1997 赤 ワイン 100%新品,人気セール

シャトー・マルゴー Chateau Margaux世界のワインの頂点に君臨する“ボルドー5大シャトー”。五大シャトーのなかでエレガントで女性的と評されるシャトー・マルゴー! ボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・マルゴーのセカンドラベル。セカンドラベルは、ファーストラベルの厳しい基準には達しなかったものの、その同じ畑、同じ製法で作られたワインを、手ごろな価格で味わえるとして、非常に人気が高いワインです。  女性らしいと形容される理由は並外れたタンニンのしなやかさによります。柔和で優しく香り高い。 そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、ここ10年間でカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。グランヴァンがよりカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトした為、それまでグランヴァンに使用されていた最高品質のメルロがパヴィヨンに使用されるようになりました。  そのためにここ10年、セカンドキュヴェであるパヴィヨン・ルージュのクオリティは劇的に 向上しています。  ぶどうの選別と出来上がったワインの選別と、どこのシャトーよりも厳しい基準で選別するシャトー・マルゴーなので、そのセカンドワインといえども非常に評価が高く、  あのロバート・パーカー氏も、 『1980年代以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けに相応しくあり、セカンドワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する』 と、絶賛しています。 色は非常に濃いルビー。エッジもしっかりとしています。カシスやブラックチェリーのような黒系果実の香り、燻煙や土、マッシュルームなどのニュアンス。グラン・ヴァンに比べタンニンは少し荒い印象ですが、豊富にありワインに親しみやすい印象を与えています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / マルゴー村  / メドック格付け 第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【シャトーマルゴー】 【メドック 第1級】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ポール ポンタリエ】 【メンツェロプロス】 【コリンヌ メンツェロプロス】 【AOC マルゴー】【赤 フルボディ】 【メドック 赤 フルボディ】 【マルゴー 赤 フルボディ】 【メドック 赤 フルボディ】【ボルドー 赤 フルボディ】【フランス 赤 フルボディ】【赤 フルボディ】【AOC マルゴー】【メドック格付第一級 】【格付一級 】【マルゴー格付第一級 】【マルゴー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【フランス 赤 辛口 】【パーカー 5つ星 】【クラスマン 3つ星 】【ゴーミヨ 5つ星 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・マルゴー Chateau Margaux シャトー・マルゴー AOCマルゴー / メドック格付第1級 Chateau Margaux / AOC Margaux ボルドー最高峰!至高の芸術作品!『最も高貴なるワインの女王 壮麗なシャトーと偉大な歴史』!五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評されるのがシャトー・マルゴー。1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。 ボルドー・メドック地区のワインを『フランスワインの女王』と呼ぶとするならシャトー・マルゴーは女王たちの中でも、最も芳醇で最も優美なワインだと言えます。 長い瓶熟を経て花開くシャトー・マルゴーの華麗さと、たおやかさ、そしてデリカシーはまさに比類のないもので、1855年のメドック公式格付けでグラン・クリュ第1級に選定されたのも当然のことだったと言えます。  歴史に名を残す愛好家も多く、ルイ15世の寵姫マダム・デュ・バリや、意外なところではマルクス主義で知られるエンゲルスが「あなたにとって幸福とは?」と聞かれ【シャトー・マルゴー 1848年】と答えたというエピソードも伝わっています。文豪ヘミングウェイもこのワインに魅了された一人で、生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように…」という願いをこめて『マーゴ』という名前を贈り、この子がのちに映画女優になったことも有名です。 最高の土地と、人々の情熱が生んだ【至高の芸術品】  マルゴー村は、ボルドー市からワイン街道をメドック地区に向かう時、最初に出会う傑出したワイン銘醸村です。この道の先に現れてくるサンジュリアン村やポーイヤック村、サンテステーフ村と比べても、砂礫層が特に厚く、繊細で非常に香り高いワインを生み出すことで知られています。シャトー・マルゴーは総面積262ha、栽培面積90ha(うち白12ha)で、シャトーの周辺の土地は小高い丘になっており、丘の上の砂礫土壌と丘を下るにつれて現れてくる石灰混じりの粘土質土壌が複雑に混じり合い、葡萄の品質に多彩な個性を与え、これが出来上がったワインにニュアンスに富んだ厚みをもたらしています。  現在、シャトー・マルゴーでは砂礫質の土壌にカベルネ・ソーヴィニヨン種(75%)やプティ・ヴェルド種を、粘土質が多めの土壌にはメルロ種(20%)を、中間的な土壌にはカベルネ・フラン種(プティ・ヴェルドとあわせて5%)を植え付け、土壌の長所を最大限に引き出すように努めています。しかし、いかに土壌や気候条件が恵まれていようとも、それだけで卓越した品質のワインを生み出すことはできません。そこには何世代にもわたる人々の惜しみない情熱が不可欠なのです。  シャトー マルゴーは、すでに16世紀にその素晴らしい自然環境により高い名声を獲得し、以来今日に至るまで所有者たちの惜しみない愛情が注がれ続けてきました。今日の高い品質は、数世紀にわたってこのシャトーを生きがいとし、働いてきた幾多の人々の情熱の賜物に他ならないのです。 メドックの伝統に戻る  1977年、シャトー・マルゴーは、長い歴史の中でも特に優秀な所有者の手にわたりました。当時、シャトー・マルゴーはオーナーのジネステ家が熱意を失ったため名声に翳りを兆しつつありましたが、この新しい所有者メンゼロプロス家はメドック始まって以来の莫大な資財を投入し、畑から醸造・貯蔵設備、そしてシャトーに至までの徹底的な改造を行いました。 しかもその改造は、基本的にメドックの伝統に帰る方向に進められ、科学はあくまでも伝統の長所を伸ばす方向でのみ導入されました。例えば畑での作業は手仕事の部分が一層増え、肥料は農場内で飼われている牛のたい肥を使用。醸造槽は主として木桶を用い、貯蔵には100%新樽を使用するなど、伝統的なワインづくりが理想としていたものをすべて実現したのです、この結果、1978年以降のシャトー・マルゴーは再び一気にメドックワインのトップに返り咲きました。  これらの改造計画を指導した人物こそ、のちにサントリーがシャトー・ラグランジュの改修を行った際の恩人ともなる元ボルドー大学ワイン醸造研究所長エミール・ペイノー博士だったのです。いわばシャトー・ラグランジュは、シャトー・マルゴーと同じ思想、同じ理想のもとに限りなく品質向上の努力を続けている後輩にあたるのです。こうして両シャトー間の友情は日増しに深まりつつあります。 セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー ファーストは高価で手が届かなくても、セカンドならという方も多く、 近年人気のセカンドラベル。 こちらはかの有名なシャトー・マルゴーが作るセカンドラベルです。セカンドラベルとは、同じ生産者によりファーストラベル(シャトー・マルゴー)と 同じように作られたワインですが、樹齢の若い樹から収穫された葡萄や、収穫・醸造過程においてファーストラベルとしての厳しい選定基準から外れた二次選抜されたものなどで作られたワインです。 最も有名と言っても過言ではない、世界にその名を轟かせる シャトー・マルゴーですが、セカンドラベル「パヴィヨン・ルージュ」もその名に恥じない素晴らしいクオリティーです。 パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴー マルゴーは赤ワインだけでなく、辛口の白ワインも造っています。パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴーは、ソーヴィニヨン・ブランだけを植えた12haの畑から生産されています。オーク樽で発酵後⒑ヶ月の熟成を経てリリースされ、キレがよくフルーティで、ハーブとオークの香りが非常にバランスの良い逸品です。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  1960年代と1970年代凡作の続く悲惨な時期にピエールとベルナール・ジネステの不十分な財政管理(国際的な石油危機や1973年と1974年のワイン市場の暴落がその原因である)のもとで生産されたワインは、豊かさや凝縮感、個性に欠けるものがあまりにも多すぎた。その後、1977年にマルゴーはアンドレとラウラ・メンツェロプロス夫妻に売却され、ただちに葡萄畑やワインの醸造設備に惜しみなく大金が投入された。エミール・ペイノーがワイン醸造を監督するコンサルタントとして迎えられた。そうした経済的、精神的な肩入れがマルゴーのワインに反映されるのは数年先のことになるかもしれないと思われたが、マルゴーの底なしの偉大さを世界に見つけるには、1978年のヴィンテージ1つで十分だった。  残念なことにアンドレ・メンツェロプロスは、苦闘していた第一級シャトーが驚くべきエレガンスと豊かさと複雑さを備えた、輝かしく一貫性のあるワインに変貌するのを見届ける前にこの世を去った。エレガントなラウラ夫人、そして近年は世事に通じたやり手の娘、コリンヌがここを取り仕切っている。この2人は少なからぬ才能の持ち主たちに取り巻かれているが、なかでもポール・ポンタイエの存在は光っている。1978年のマルゴーはすぐに評判を勝ち取り、その後もきら星のごときワインを次々に送りだした。絶句するほどすばらしい豊かさとバランスは、1980年代にボルドー全体でつくられたどのワインよりもマルゴーが良好だと言っても過言ではなかった。  よみがえったマルゴーの特徴は、豪勢な豊かさ、熟したブラックカラント、スパイシーなヴァニリン・オーク、スミレなどの深みのある多面的なブーケを持つスタイルである。今ではその色や豊かさ、ボディ、タンニンのどれをとっても、1977年以前にジネステの支配下で造られていたワインに比べ見違えるほど充実している。  マルゴーは辛口の白ワインも造っている。「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」は、ソーヴィニョン・ブランだけを植えた11.8haの葡萄畑から生産されている。オーク樽で発酵させ、その後10ヵ月間寝かせてから瓶詰めする。雑学好きにお教えすると、これは壮大なマルゴーのシャトーから数百メートル道を上がったところにある、シャトー・アベル=ローランと呼ばれる小さな建物で造られているのだ。このメドックの最高級白ワインはキレがよく、果実味が豊かで、ハーブとオークの香りがそこはかとなく漂う。 一般的な評価 1960年代と1970年代は惨たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンドワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 平均年間生産量:200.000本 畑 面積:78ha(栽培面積) 平均樹齢:35年 密植度:10.000本 平均収量:45hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽で3週間。 熟成はオーク樽の新樽で18~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% 所有者:メンツェロプロス家 パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 1997 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 1997 赤 ワイン 100%新品,人気セール

シャトータルボ 1990 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 1990 AOC Saint Julien 赤 ワイン 人気SALE,限定SALE

Chateau Talbot シャトー・タルボシャトー・タルボの名前は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものです。 タルボはヴィンテージに左右されない安定感とひかえめな価格で、長年のボルドーファンからの高い支持を得ています。特に、クラシックなボルドースタイルがお好みの方におすすめしたいシャトーです。 「このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」 (『ボルドー第4版』より)と評価されている実力派。 華やかなベリーとカベルネ特有のハーブの香りが特徴的で、熟した果実の味わいとしなやかなタンニンのある、しっかりとした骨格のワインが造られています。ブルーベリーやジャムやスミレ、ハーブやプラムなどのアロマで、バランスが非常に良く、タンニンは豊富なためパワフルな印象ながらも味わいの要素は繊細でエレガント。 フレッシュな果実味とハーブのニュアンスがあり、エレガントなミディアムボディの仕上がりです。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区サンジュリアン村・第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ボルドー メドック 】 【サンジュリアン AOC 】 【シャトー タルボー 】 【タルボー】 【メドック格付第4級 】 【グラン クリュ クラッセ 】 【ボルドー 赤 辛口 】【サン ジュリアン 赤 辛口 】【タルボ 】【タルボー 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】  Chateau Talbot シャトー・タルボ Chateau Talbot AOC Saint-Julien シャトー・タルボ AOCサンジュリアン・メドック格付第4級 ロバート・パーカー氏に【タルボは一貫して高品質でメドック最良のお買い得品である】と評価させたほど、メドック・グラン・クリュ第4級! ボルドーファンが愛する、クラシックなボルドースタイル!サン・ジュリアン第四級ですが「第三級に格上げされるべきである」との高い評価を受けています。凝縮しつつもなめらかなスタイルはまさにボルドーワインの優雅さと偉大さの典型。 シャトー・タルボは、サンジュリアンに位置する4級シャトーで、所有するブドウ畑の面積は「100ha強」と、メドックでも2番目の大きさを誇っています。  15世紀のイギリス統治時代、サンジュリアン村のこの一帯は『タルボ将軍』が治めていました。彼は、シェイクスピアの『ヘンリー4世』にも登場する(邦訳ではトールボット将軍)、イギリス人にとって英雄とも言える人物です。しかし、100年戦争の末期にタルボ将軍は、ここから程近いカスティヨンの地で戦死、この地のイギリスによる支配の時代が終了したのです。 実際のところ、このシャトーはタルボ将軍の持ち物ではなく、軍隊が本拠地と定めただけだということらしいのですが、今でも「戦いに敗れたタルボ将軍が、この畑のどこかに財宝を埋めた」という言い伝えを信じる人も少なくないのだとか。  シャトーの名声は19世紀から高まり、現在でも高い品質を維持し続けているシャトーです。同地区の2級シャトー【グリュオー・ラローズ】よりも低い評価を受けることが多いのですが、ビンテージによっては評価が逆転する時もあります。 サンジュリアンのワインらしい、濃い色調の、柔らかく厚みがあり味わい深いワインをお楽しみください。 D.ペッパーコーン氏はシャトー・タルボについて タルボのワインは安定していることで昔から有名である。 グリュオー ラローズより全体にタンニンと濃度が低いから、早く飲めるようになるが、反面、よく長持ちするワインでもある。 タルボの魅力は調和にある。 これ以上に魅力的なサンジュリアンはどこにもない。かぐわしい香りをもち、果実味には偉大なサンジュリアン独特の品のよさが漂っている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  広大な単一の畑を持つ【シャトー・タルボ】は、ジロンド河から内陸部に入った、小さなサン=ジュリアン=ペイシュヴェルの村のずっと裏手、グリオ・ラローズのすぐ北にある。 タルボの名は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものだ。このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していただろう。新しい管理者のもとではよりやわらかい、よりエレガントなスタイルへと移行しつつあるようで、ヴィンテージごとの一貫性も増している。  タルボでは、ささやかだが、おいしい辛口白ワインもつくられている。カイユ・ブラン・デュ・シャトー・タルボと呼ばれており、新鮮で華やかな香りのする白である(メドックで最上の白の1つだ)。ただし、収穫後2~4年で飲むのがベストだ。 ●一般的な評価 タルボは一貫して高品質な¥で、メドックで最良のお買い得品の1つである。1986年や1982年といったヴィンテージは、いまだにこのワインがいかに偉大なものになり得るかという評価の指標となっている。 <赤> 平均年間生産量:30万本 セカンドワイン:30万本 畑 面積:102ha 平均樹齢:35年、植樹密度:7.700本 平均収量:52hl/ha育成:醗酵とマセレーションは温度管理されたステンレスと木製の槽で3週間。 熟成は新樽40%で15ヶ月。 清澄と、軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:ロレーヌ・リュストマン・コルディエとナンシー・ビニョン・コルディエ <白> :Caillou Blanc du Chateau Talbot カイユー・ブラン・デュ・シャトー・タルボ アペラシオン:ボルドー Bordeaux 平均年間生産量:3.000ケース 畑 面積:6ha 平均樹齢:25年 平均産出量(過去5年間):55hl/ha 育て方:発酵と育成は全部で9ヶ月。収穫の半分は新しいオーク樽に、残りは1年使った樽に入れられる。 その間ずっと澱の上に置かれ、頻繁にかき混ぜられる(バトナージュ)。 瓶詰めの前に清澄処理はされないが、軽く濾過処理される。 ブレンド比率:ソーヴィニョン・ブラン84%、セミヨン16% シャトータルボ 1990 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 1990 AOC Saint Julien 赤 ワイン 人気SALE,限定SALE

シャトーオーバイイ 2007 Chateau Haut Bailly 2007 赤 ワイン 最安値,新作

グラーグ地区で最高のワインの一つとして名高いシャトー・オーバイイ。畑は周辺で最も高い丘の頂にあり、日当たりが良く排水に優れているという、素晴らしい立地です。また、そこに植えられている ブドウの樹のうちの、15%がなんと「樹齢90年」 という驚く樹齢、さらに フィロキセラの害を免れた、アメリカ産の台木に接木していない純粋なフランス産の木 なのです。オーバイイのワインは、滅多にお目に掛かることの出来ない貴重なブドウから造られています。 若いうちは軽い印象のワインなのですが、それも樹齢の高さと濾過処理を行わない伝統的な造り方の為と言われてしまっています。その本当の実力が現れるまでにはもう少しだけ時間が掛かり、瓶詰めして5年ほど寝かせたあたりから香りが豊かになり、重みと深みを増していくようになります。 良年のものは、しなやかで熟した果実の風味と魅惑的なアロマを持ち、“ペサックで最もエレガント”と評されているワインですので、是非この素晴らしいワインを味わってください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ペッサック・レオニャン地区レオニャン村●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【シャトー オー バイイ 】【グラン クリュ クラッセ グラーヴ】 【フランス グラーヴ】【グレイト ヴィンテージ】【ボルドー グラーヴ 格付】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut-Bailly シャトー・オー・バイイ ロバートパーカー氏は「品質面ではオー・バイイのワインはメドックの三級シャトーのものに匹敵する」と絶賛! 歴史 シャトー・オーバイイの歴史は、17世紀にまで遡る事が出来ます。ピカルディーでワイン商を営んでいた【ニコラ・ド・ルバルド】がボルドーに移り住み、【ファーミン・ル・バイイ】と知り合います。この二人がオーバイイの基礎を作り上げました。 彼らは、現在のブドウ畑のある土地にブドウを植え、すぐに素晴らしいワインを造りを開始します。ファーミン・ル・バイイの死後、彼の妻がシャトーを相続し、立派な城館を作り、その後、彼女の息子のニコラが相続したが、借金の債権者たちからシャトー売却を強制され、債権者の一人である【ジャン・ド・カイソン】が36haの畑を譲渡されます。 18世紀、ボルドーの議会の議員であったクリストフ・ド・ラフォリーとバロン・ド・モンバドンがシャトーを引き継ぎます。1805年には、彼の息子で、ボルドーの市長となったローランへと所有権が移り、彼はフランスの上院議員になり、多忙のためシャトーの管理ができず、すぐに手放します。 その後、シャトーは所有権が色々と変わります。1872年に【アルシッド・ベロ・デ・ミニエール】が購入。彼は購入直後から、合計24室もある豪華な城館へとこのシャトーを造り変えました。 しかし、他のシャトー同様に、オーバイイにも様々なブドウの木の病気に襲われます。ワイン作りは素人だったのですが、これらの禍に科学的に立ち向かい、蔓延していた「べと病」に対しては専用のタンク室を作り、フィロキセラには当時有効とされていたアメリカ産の台木への接木を一切行わない道を選びました。 こうした情熱が周囲に知られ、徐々に彼は『ブドウ栽培者の王』と呼ばれるまでになりました。 1906年に彼の死後、その妻と娘によ意志は引き継がれます。 1918年、シャトーは地質学者であった【フランツ・マルブザン】に売却され、1923年に彼は亡くなり、娘たちによってシャトーは売却されてしまうのです。その後の所有者たちはシャトー経営に興味を示さず、次第にシャトーは荒廃の一途をたどりました。 シャトーの復興! 1955年、ベルギー人の両親を持つリール生まれの【ダニエル・サンダース】がオーナーとなります。フランスで就学した後、ベルギーで亜麻の栽培をしていた彼は、戦争後、彼の妻の出身地であるボルドーワインに興味を持ち、亜麻の栽培以外にワインの取引も行います。それを機に、オーバイイのワインを高く評価されるようになります。サンダース家が来てからオーバイイは大きく変わりました。その頃、相次いだ売却のためブドウ畑は細分化されていたため10haしか購入できず、また醸造所や貯蔵室も他人の手にありましたが、彼は徐々にブドウ畑の拡張を進め、また、醸造所や樽貯蔵室を取り戻してゆきました。1979年、ダニエルが亡くなり、息子のジャンがシャトーを引き継ぎます。彼は19世紀に賞賛されていたオーバイイの名声を取り戻すための尽力したが、ジャンの死後、彼の姉妹はこのシャトーの相続税を支払うことが出きず、泣く泣く売却してしまいます。 1998年、シャトーはM&Tバンクの【ロバード・G・ウィルメール】が手に入れます。彼はオーバイイのワインをエレガントでフィネスがあるワインにしたいと思い、以前のオーナーの一族であった【ヴェロニク・サンダース(ジャンの孫娘)】とともに、情熱を燃やしワイン造りを続けています。 シャトーオーバイイ 2007 Chateau Haut Bailly 2007 赤 ワイン 最安値,新作