フランス

1966 シャトーコスデストゥルネルCh.Cos D'estournel

1966 シャトーコスデストゥルネルCh.Cos D'estournel

フランス

1966 シャトーマルゴー 1500mlCh.Margaux

1966 シャトーマルゴー 1500mlCh.Margaux

フランス

1966 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux

1966 Chateau Margaux 83pt. Drink 1991-1991 This has always been one of the best examples of Margaux during its period of mediocrity. Too light for a wine of first-growth standards, it has continued to exhibit some of the fabulous fragrance for which Margaux is famous. Soft, round, fruity flavors are suggestive of herbs, cedar, mushrooms, plums, and caramel. Fully mature, this wine should be drunk up. Anticipated maturity: Now. Last tasted, 1/91. Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) 1966 シャトーマルゴー 750ml Ch.Margaux

フランス

1966 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

1966 Chateau Margaux 83pt. Drink 1991-1991 This has always been one of the best examples of Margaux during its period of mediocrity. Too light for a wine of first-growth standards, it has continued to exhibit some of the fabulous fragrance for which Margaux is famous. Soft, round, fruity flavors are suggestive of herbs, cedar, mushrooms, plums, and caramel. Fully mature, this wine should be drunk up. Anticipated maturity: Now. Last tasted, 1/91. Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) 1966 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

フランス

1966 シャトームートンロートシルト 750ml ラベル汚れ Ch.Mouton Rothschild

1966 Mouton-Rothschild 90pt. Drink now 少し点が甘いだろうか。でも、私はこのワインが気に入っている。ややドライすぎて、厳しく、おとなしいというぎりぎりの線上にあるのだが、それでも、暗いガーネット色と、古典的な甘いスパイシーな、タバコとコーヒーとブラックカラントのアロマは、誘惑的だ。フィニッシュにはまだ強力なタンニンがある。このため、このサンプルは常にドライで厳しい個性を見せるのだ。より知的なスタイルのムートンの1966年は、このヴィンテージの古典的な一例でもあり、このシャトーのカベルネ・ソーヴィニョン支配型のスタイルの典型である。飲み頃予想:現在から2008年 最終試飲月:98年3月 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 BORDEAUX ボルドー 第3版 典型的でドラマチックなムートン。最新の試飲について:大いなる豊かさと奥行きを持つブーケ、タール微香、香りは見事に展開する。非常にフルーティで美味。やせぎみで、最後にやや鋭い酸味がある。最後の試飲は2002年12月。最上で★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳)   1966 シャトームートンロートシルト 750ml ラベル汚れ Ch.Mouton Rothschild

フランス

1966 シャトームートンロートシルト マグナム 1500ml キャップシール破損 Ch.Mouton Rothschild 定番人気,定番

▼キャップシール破損部分   1966 Mouton-Rothschild 90pt. Drink now 少し点が甘いだろうか。でも、私はこのワインが気に入っている。ややドライすぎて、厳しく、おとなしいというぎりぎりの線上にあるのだが、それでも、暗いガーネット色と、古典的な甘いスパイシーな、タバコとコーヒーとブラックカラントのアロマは、誘惑的だ。フィニッシュにはまだ強力なタンニンがある。このため、このサンプルは常にドライで厳しい個性を見せるのだ。より知的なスタイルのムートンの1966年は、このヴィンテージの古典的な一例でもあり、このシャトーのカベルネ・ソーヴィニョン支配型のスタイルの典型である。飲み頃予想:現在から2008年 最終試飲月:98年3月 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』BORDEAUX ボルドー 第3版 典型的でドラマチックなムートン。最新の試飲について:大いなる豊かさと奥行きを持つブーケ、タール微香、香りは見事に展開する。非常にフルーティで美味。やせぎみで、最後にやや鋭い酸味がある。最後の試飲は2002年12月。最上で★★★★ (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳)   1966 シャトームートンロートシルト マグナム 1500ml キャップシール破損 Ch.Mouton Rothschild 定番人気,定番

フランス

1966 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour

Year Wine Name Rating Maturity 1966 Latour 96 2000-2020 Wine Advocate #129 Jun 2000 The wine of the vintage, the 1966 Latour is a classic, old style Bordeaux that has required decades to become drinkable. A dark, opaque garnet color is followed by a fabulous nose of cedar, sweet leather, black fruits, prunes, and roasted walnuts, refreshing underlying acidity, sweet but noticeable tannin, and a spicy finish. This powerful, vigorous, immensely impressive, concentrated Latour has reached its plateau of maturity, where it will remain for another 10-20 years.   66年物すべてのうち最も晩熟だった。いまだにかなり濃く、いい色調。杉と「オーク」のブーケ。卓越した風味とバランスと余韻。試飲は2005年7月。★★★★★ 今、素晴らしい。まだ熟成の余地がある。 (ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベンド 著 山本博 訳) Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 1966 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour

フランス

1966 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild 人気定番,お得

1966 Lafite-Rothschild 84pt. Drink now 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ボルドー第4版 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1966 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild 人気定番,お得

フランス

1966 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

1966 Lafite-Rothschild 84pt. Drink now 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ボルドー第4版 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1966 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

フランス

1966 シャトーラフィットロートシルト マグナム 1500ml Ch.Lafite Rothschild

1966 Lafite-Rothschild 84pt. Drink now 明るめのルビー/ガーネット色のワインは、高級感のある、雑草のような、ハーブを思わせる、カベルネが主体となったノーズ、やわらかい、洗い落とされた風味を見せていたが、ボディや余韻の長さはほとんどなかったし、もう枯れ始めている。カリフォルニアのモンタレー・カウンティの30年もののカベルネを飲んだら、同じような特徴が見られるかもしれないと思う。1966年のラフィットは、ばらつきはあるにしても優良だったヴィンテージのワインとしては一貫して大変がっかりさせられるワインだった。最終試飲年月:1995年12月 ボルドー第4版 1966 シャトーラフィットロートシルト マグナム 1500ml Ch.Lafite Rothschild

フランス

1966 シャトーレオヴィルラスカーズChateau Leoville Las Cases

1966 シャトーレオヴィルラスカーズChateau Leoville Las Cases

フランス

1966 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml

1966 テタンジェコントドシャンパーニュ ブランドブラン 箱なし 並行品 Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 750ml

フランス

1966 ドンペリニヨン ドンペリニヨン ヴィンテージ 750mlDom Perignon Vintage

1966 ドンペリニヨン ドンペリニヨン ヴィンテージ 750mlDom Perignon Vintage

フランス

1967 グランエシェゾーGrands Echezeauxドメーヌドラロマネコンティ DRC

中程度の、熟成した、柔らかな「暖かみのある」赤。異常なほど肉のようなにおい。甘く、力強いが、やせぎす。タンニンが強く、かなり舌を刺すような辛み。試飲は2004年7月。★★ (柴田書店 ヴィンテージワイン必携 マイケル・ブロードベント著) 1967 グランエシェゾーGrands Echezeauxドメーヌドラロマネコンティ DRC

フランス

1967 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion

1967 シャトーオーブリオン 750mlCh.Haut Brion

フランス

1967 シャトーオーブリオン マグナム 1500mlCh. Haut Brion 新作登場,セール

1967 シャトーオーブリオン マグナム 1500mlCh. Haut Brion 新作登場,セール

フランス

1967 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

1967 シャトーマルゴー 750mlCh.Margaux

フランス

1967 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

1967 シャトームートンロートシルト 750mlCh.Mouton Rothschild

フランス

1967 シャトームートンロートシルト マグナム 1500mlCh.Mouton Rothschild 定番,本物保証

1967 シャトームートンロートシルト マグナム 1500mlCh.Mouton Rothschild 定番,本物保証

フランス

1967 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入航空便 Ch.Latour

1967 Latour 88pt. Drink データなし Unquestionably the best wine produced in the Medoc in 1967, the Latour has dark ruby color with some browning at the edges, a medium- to full-bodied feel, plenty of black currant fruit, and some light, soft tannins still present. Head and shoulders above the other first-growths, this wine has the classic Latour bouquet of black walnuts, black currants, mineral scents, and cedarwood. Anticipated maturity: Now. Last tasted, 1/85. Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 1967 シャトーラトゥール 750ml 自社輸入航空便 Ch.Latour

フランス

1967 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 得価,大人気

1967 Latour 88pt. Drink データなし Unquestionably the best wine produced in the Medoc in 1967, the Latour has dark ruby color with some browning at the edges, a medium- to full-bodied feel, plenty of black currant fruit, and some light, soft tannins still present. Head and shoulders above the other first-growths, this wine has the classic Latour bouquet of black walnuts, black currants, mineral scents, and cedarwood. Anticipated maturity: Now. Last tasted, 1/85. Bordeaux Book, 3rd Edition Jan 1998 Chateau Latour ここで生産されるワインは偉大なヴィンテージはもとより、凡庸、貧弱なヴィンテージでも一貫した秀逸さを持つ、非の打ちどころのない例である。そのため、昔から多くの人がラトゥールをメドック最上のワインと考えてきた。 (中略) ともあれ、ラトゥールは今でも世界で最も凝縮感のある、リッチで、タニックな、フルボディのワインのひとつである。飲み頃になると、人の心をつかんで離さないブーケが生のクルミやなめし革、ブラックカラント、砂利のようなミネラルの香りを思わせるようになる。口に含んだときに別格の豊かさを感じられることはあっても、決して重いものになることはない。 「世界の極上ワイン」 ロバート・パーカー著 河出書房新社 より抜粋 1967 シャトーラトゥール 750mlCh.Latour 得価,大人気

フランス

1967 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild

1967 Lafite-Rothschild 72pt. Drink 1970-1980 This is a vintage in which Lafite could certainly have done better. Light ruby with browning very much in evidence, this wine in the mid-1970s had a fragrant, spicy, charming bouquet, easygoing, simple fruity flavors, and light tannins. Now it is quite tired with old, faded, fruit flavors. Drink up! Anticipated maturity: Now-probably in serious decline. Last tasted, 12/80. Bordeaux Book, 3rd Edition  Jan 1998 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1967 シャトーラフィットロートシルト 750ml 自社輸入航空便 Ch.Lafite Rothschild

フランス

1967 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

1967 Lafite-Rothschild 72pt. Drink 1970-1980 This is a vintage in which Lafite could certainly have done better. Light ruby with browning very much in evidence, this wine in the mid-1970s had a fragrant, spicy, charming bouquet, easygoing, simple fruity flavors, and light tannins. Now it is quite tired with old, faded, fruit flavors. Drink up! Anticipated maturity: Now-probably in serious decline. Last tasted, 12/80. Bordeaux Book, 3rd Edition  Jan 1998 Chateau Lafite Rothschild ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975年から1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの1つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたが、忘れてはならない。このシャトーは単にその神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。ラフィット、それも特により最近のヴィンテージのものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにここのワインに手が届くのは最富裕層のみである。お値打ち品を探している人はほかのワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアード・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 「ボルドー 第4版」 ロバート・パーカー著 美術出版社 より抜粋 1967 シャトーラフィットロートシルト 750mlCh.Lafite Rothschild

フランス

1967 シャトーレオヴィルラスカーズChateau Leoville Las Cases

1967 シャトーレオヴィルラスカーズChateau Leoville Las Cases